A newspaper left behindA magazine thrown awayA radio for BGMA history book thick with
僕等は気に留める事無く贅沢を夢見て 貧困に塞いだ目の奥から凶弾に倒れた母が映った西に沈んだ太陽は子供達を脅えさせた 日頃飛び交う怒涛の情報はすぐに僕の心に紛れ込み安らかな生活を望み叶う事無い心理を生む 投げ出した年月でさえも今では情緒躊躇い気味で俄雨も屋根を濡らし朝顔の花を揺らす 太陽が地を照りつける異国の何処かでまた血生臭い風が吹き 温度計の上昇は飢渇を重ねて子供達の苦悩を死に追いやった The steril
明日を夢見ながら 通り過ぎていく日々の中で春が来るたび思い出すのは 広く大きな水平線 闇に浮かぶホタルの様に ゆらゆらと揺られながら子供のように はしゃぐ姿は 明日は星へと変わる 赤い旗の下競いながら やがていつしか大人になり無表情のまま嘘をつき 横殴りの雨に立ち尽くす 負けた事が僕を弱くした 背を向けて歩いた昨日の影黒の銃声が鳴り響く アメリカの銃に Fight against it for you! 明日を夢
今 僕は列車に乗り 鞄ひとつ 共に向うよ下駄を鳴らし 坂道を登ると 湖に花火がうつった10年前 大きな手に連れられ 訪ねた故郷に揺られて甦る 沢山の夏の思い出Woh oh oh oh oh 暗闇に怯えてWoh oh oh oh oh 眠れなくて 大きくなるたびに 変に大人ぶって何故か照れくさい気持ちがいっぱいになっていく 僕に古い唄を聞かせてくれたねおばあちゃんの袖をにぎりしめて広がる空 夕焼けこやけWoh oh oh o