愛した時に見つけたものは素直な気持ちなのさ それは虹を見て立ち止まる事夏を待つゆうぐれ ほんの前の事ずっと先の午後今日もつづいてく道の上で 僕等はこころを震わせて暗い夜空を嘘や真実や愛や夢で時の流れを泳いでく 上手くゆかなくて泣いてる君に強い言葉を投げたそれは不器用なキモチだけだしその手に触れてよう愛し合うために 生きているのかな君の姿だけさがし続けて僕等はこころでざわめいて 光る夜明けも情熱とかいうエンジン
転がり始める石の上で 無線をたぐり影踏みの夜に片足をかけて 廻り続けダイヤルを合わせ惑星に愛撫スウィングを速め 誰よりも高く Engaging Universe Universe Alliance英雄は空の上包まれEngaging Universe Universe Alliance 交じり合う手の中で抱かれEngaging Universe 喜びの側で 憎しみを背にし昇りつめてバランスを揺らし流星に愛撫太陽に心突き刺して高
LET IT BE LET IT BELET IT BE WALK YOUR WAYLET IT BE LET
懺悔に埋もれ行くしめやかな光の隙間に満たされぬ心の訪れと距離を砕く言葉に嘆くI feel so how goodfeel good feel goodI’d rather you didn’tfeel good feel goodI’d
愛してるなんて歌えやしないよこの胸は破裂する くちびるに噛んだカギは飲みこんだ君の心爆発して だんだん星になるだんだん好きになるだんだん欲しくなる 君の宇宙に僕の宇宙その心を知りつくせ夜の果ては暗くない愛し愛されながら君は泣き僕は飛ぶいつかまたここで会う世界中を突き抜けて愛し愛されながら (君は誰でもないから)(何でもできるさ)(上も下も右もないのに)(頭はフラフラ) あたり前なんて苦しみはないねいいおもい
篭に飼われた君は 霧の宴に一人連れだされ溺れてる魚の様 憐れな姿水に沈んで迷うだけ 重い服を飾れば 枯れておどり疲れ Tango in Eden 沈んだ顔はまるで 夢遊を病んで眠り身を任せ 重い鎖解いて もう少し近づけば 届くさ 罪を見て 汚れた手を止め 今罰の中 蔑む目を伏せ ただ 帰ろう 忘れた胸開いて 少しは 帰れたら 届くさ 罪を見て 汚れた手を止め 今罰の中 蔑む目を伏せ ただ罪を見て 汚れた手を止め 
慌てて外しかけたボタン 秒読みで時が回り出すFinal Final Finalそれでも黄昏てつれなく 通り過ぎて行くねDown Down Down Down Down Down 危な気な愛 空ろなまま 弾いて 最後の瞬間にとろけて灰になるまで絡み合わせFinal Final Final消え去るのみこの想いなら二人きり最後の晩餐にDown Down Down Down Down
美しの顔を右手でなぞりあげれば黒い皮張りの足元に夜が訪れる 今宵手首を合わし傷口開き跪いたら It’s Queen for you Passion of heavenQueen for youPassion of heaven 気高い君に言葉は平伏すばかり混ざり合う体そのままなすすべもない 誘惑と生贄 すれた夜をしばり跪いたら It’s Queen for you Passion of
終末に揺れる世界迎え塞いだ口より街を行け足速に鼓動滲ませて太古の血より熱く燃え使い古しの声にうなされ祖国の魔術 銃を握らすTHE END OF CENTURY BOYCENTURY BOY 幻想に叫ぶ世界迎え薔薇の花より赤く燃え乱れる髪に野生を宿し君の瞼に空が落ちてくTHE END OF CENTURY BOYCENTURY BOY UNDER THE WEAPONCENTURY BOY 乱れる明日に毒を宿して君の瞼に空が崩れる
Dictator as public harm, public eye’s, eye’sBlack address as public harm, public eye’s, eye’s 高き椅子に凭れて 楽に転がすさ突き刺す程 眼光振り撒きながら か弱き民衆 この手を翳せば微睡む群衆 疑う者なし高まる歓声 思いのままに操る 冗舌 浴びせて The
BOYS DON’T CRYLET’S GET IN FINE TRAINBOYS DON’T CRYLET’S GET IN FINE TRAIN さあみんなで乗ってこうぜ銀河のパルス浴びながらさあみんなで変えてこうぜ明日へのビート感じながら BOYS DON’T
穴の空いたお日様に かわいい花をはめ込んで食べたら点々辿ってって みんな楽しく笑いましょI can see.I can see.Your inlay molar bite on me in a
How many times? How many suns?目の前の暗闇にTry to run, Try to smash解き放つように こころとばしてI’m smashing the
君の差し出した両手に積もる灰を吹き飛ばし剣の岩山の頂上かすむ雲の高みまで 今宵のこの瞬間で心さえ掴めそう 裸のまま耳打ちする 渇き飢えた胸元へ裸足で歩く恍惚を 肌に刻む口元で 明日は宮殿の血の色 先に染まれはれて愛ある太陽の下で大地の詩を口にした自らの姿さえ消え失せるまで AN ASSAIN AND WHITE SHAMANこの愛を手にAN ASSASIN AND WHITE SHAMAN中心の最中へ 溜め息 一つでときめき誘う夢
もっと冷たい風に吹かれてもっと砕けた陽差しを浴びて 幼い日 丘の上 唇を噛みしめて身動きもしないまま 雲を眺めてた 残酷な出来事が 退屈を癒すなら人は手の平をただ 汚せばいいかな BRIGHT MY WAY いつでも胸に 白い光をだいてLIGHT MY WAY かけがえのない この日々と眼差しでさあ手をあげて BRIGHT MY WAY 踊り続け もっと冷たい風に吹かれて もっと砕けた陽差しを浴びて 夢の外 街の色 刹