I’ll take youFlying far past to bring you thereYou’ve been searching for much closerSalvation’s
I’ve come to stand in front of youTo offer my lightOur lives could be
理由もなく不安抱いて夜が来るたび思考の旅へ足掻く藻掻く恨んで泣いて装う被害癖無為な四時が鳴る戻らないで 嘆願も甲斐なく 耽溺の対価が咲く愛想なく再走の合図 昨日の亡霊が放つ号令に塞ぐ 月が嗤い 自尊の間隙照らす眼前の糸を勧善の意図に酌み続々と拍動の昂揚を感じ徐々に頭上に拝す安堵した途端 俯瞰して悲観 覚醒して shut down 澱む 問う どうにかして「僕」を生かして熱情に蓋して劣情に浸した 奥底蔓延る