空からこぼれたもの 神様のいたずら?生まれたばかりのこの気持ち 名前も知らない恋のキューピッド矢放て 面白いもの見せてこれから先二人はどんな未来築いて行くのかな 白でも黒でもない世界に降りたら君を見つけたんだ 何が待ってるんだろう 天使にふれた戸惑い 君の体温映して笑って天使の羽が白いのは君の声で好きな色染めてほしいから 「スキ」を教えて 君といると楽しい 当たり前の毎日いつのまにか変わってしまう ねえ
炭酸の泡みたい突然はじけた恋指先自然とメールを打ってる 側にいられるだけ 幸せだなんてさ思うたびに ため息ついてなんかおかしいな 春 夏 秋 冬を巡ってうずく思えば思うほどに切なくて だけど嬉しくて 群青色のワンピースがひらりと心揺らす同じ絵文字使うたびに嬉しくなって笑った 違う色のワンピースを着たきみの手をとって同じ未来過ごしたいなんて思ってる 天気予報みたい ころり変わるきみに振りまわされているのも嫌い
心の奥繋がれてる 鎖をどうか解いて堕ちゆくなか聞こえた声は 信じてもいいの? 夜明け、遠く、痛む、痕が、アナタ、縋るように…仮初めの愛でもいいから 触れてほしいだけ さあ目覚めて この世界に君と僕の記憶刻もうまだ怖いけど 行かなきゃ 剣をこの手に 拓くの今 私が 光あれば必ず陰が 静かに手を招くよ変わらないもの ひとつでいい 教えてほしいの 君は、戦い、いつか、敗れ、塞ぐ、夜が来れば…その鍵でトビラヒライテ
眼をフッと閉じて思い描く今までの日々とこれからをこうやってキミの傍にいられるsweet time ウソみたいだよ あの痕がまだ消えなくて ああ泣きそうな夜も二人でいたい手を繋いだらオヤスミ ほらキラキラ溺れてる甘い夢ほんのちょっとちょっとだけ苦いラブストーリーこの一瞬角砂糖にして溶かしたら苦手なコーヒーも少し好きになる 顔ふと上げた はらはらスノーポツリ冬の空は泣き顔でも何か不思議 寂しくない帰る場所ができ
おやおや 新しいお客のご来場おいでよ大丈夫 やさしくキミの手を引く 泣き虫こよしピエロうたう双子のこねこウサギの招待状時を忘れて キミの素敵な声で 魔法をかけて1,2,3繋がるぼくら歌う Lala-Lalala今夜もステージ開く 拍手につつまれてほら始まるよ なないろサーカス あらあら またかしら ケンカもほどほどにお茶会ひらいたら 集まる キミも一緒に 虹の架かるブランコたがう眼の色ライオンタネもしかけも
ねえ ちょっとだけ話を聞いてくだらないって キミは知らんぷりもし この顔が怖いのなら新しい仮面をつけましょう イッツショータイム おどけてそれじゃ準備はいいかな? キミの涙を貰うよ みじめなボクを笑ってピエロの嘘がいつしか ホントのことを隠してまた一人 また一人とほら 笑顔咲かす さぁ 楽しむなら全て吐いて知らないって それでいいのかなもし その胸がうずくのならおそろいの仮面つけましょう レッツプレイゲー
スーツのウサギは にんまり笑って「まずはお茶でも」なんて みんなが思ってる ねえ それはファンタジー?本当は誰もまだ知らない追いかけちゃ逃げる そういう物だよ裏と表は一体 あっちにもトットット こっちにもトットットそれはそう 探しちゃダメさアナタの胸の中 ごらん 光るよ あのライオン君だって(がお!)あの小ネコのこだって(にゃお!)夢見たいんだ 見てるんだ キラキラ輝く ほらライオン君立って(がお!)ほら
悲しみの海に沈んだ私 目を開けるのも億劫このままどこまでも堕ちて行き 誰にも見つけられないのかな どこへ向かい、何をすれば? ふと射し込む一筋の光手を伸ばせば届きそうだけど 波に拐われて見失った あれは一体なんだったのかな あたたかくて眩しかったの無意識のカウンターイルミネーション嘘つきは誰? 深海少女 まだまだ沈む暗闇の彼方へ閉じこもる深海少女 だけど知りたい心惹かれるあの人を見つけたから 昼も夜も無かっ
桜の風が髪を揺らした頃ため息ひとつ隠せない ひとりの帰り道私の夢が行き先をなくした夜に「大丈夫だ」ってつよがり 心を塞いでく 聴いて 聴いてよお月様 涙こらえ見上げる滲む日々の果ての果て キミは現れた ひらり花雪の唄を背負う御伽ノ国ノ姫無邪気に舞う袖が降らす花 数多の軌跡差し出されたその手のひらに アノ日ノ夢ノ調べ願い重ねる 永久に続け 続け 明日のことは誰にも分からないねそれぞれの思い描く 未来へ続く道
キラキラ光ってる 太陽が少し眩しいねだって見上げてる いつもの空 もしも私が あんなふうになれたらイイのにとつぼみはまだ小さい でもこれから育て大きな花を咲かそう 「恋せよ乙女たち」なんて 急かさないでLet’s Go! この先Start Lineせーので駆け出した 前だけ見てそうだ 花憐ノスゝメ (すすめ!) フワフワうつろった 放課後にゆれる小鳥もずっと怯えてた 巣立ちのとき 大人になれば あんな