アンテナ体 — SleepinJohnny Fish

君がいなくなって アンテナ 折れたまま
一度きり喧嘩で飛び出して すぐに途切れた

テレビから流れる音に 君の声を探し回り
ラジオのつまみに絡まって千切れた 赤い線

ぶざまな姿 曝しても
諦めたら 血が止まるよ
きっと何のため生きていいか分からない 人形に

君がいない部屋は まだ去年の臭い
ノイズ入り混じりの画面にも 慣れ始めている

人混みに見つけた君が 鮮やかに笑うのはナゼ?
宙をかく前に 遮断機が下りるの 幻覚よ

過去の全てを 引きかえに
見えない今を 選べるの?
覚悟がないなら -警告よ およしなさい

―見えるわ
―いるでしょう?

ぶざまな姿 曝しても
諦めたら 枯れ果てるわ
ミイラのようにね 未練だけ残して

ぶざまな姿 曝しても
諦めたら 血が止まるよ
きっと何のため生きていいか分からない 人形になる

きっと君のため、立っていると思う