傾いた出来事が 僕らをのみ込んで鎖に繋がれてた二人宝物はまだまだ 見つからないままに時の波に連れ去られてく あの日の言葉は後悔できない答えだから 過ぎた時間は 後戻りしない後戻りしない もう動かないいつもの君より何かが足りない何かが足りない もう届かないOh… 手探りでかき分けた すきま風にもたれて崩れそうな影を横目に冷めた白い身体を 両手ですくい出せば嘘みたいに奇麗になるははず あの日の言葉は後悔できな
鳥が鳴き 目が覚めて 突き刺さる白い光さわやかな 風の音過ぎ去ってゆく DA・BA・DA LIFE 通り過ぎる人達が 振り返り僕を見る気づかない 自分がしてること もう止まらない どうにも気づかないもう止まらない どうにも気づかない 久々にゆっくりと 寝そべってみる丘の上見上げれば 青い空 滲んで溶ける白い雲 丘の下で指差して みんなが笑ってる気づかない 自分がしてること もう止まらない どうにも気づかない