いいんじゃない? ままままあいいかそれもあり なくなくもないいいんじゃない? ままままあそうかよくもない よくなくもない オッオーオッオーオッオーオッオー 過去と現在 未来形愛にも色々あるだろうがさっきからずっと話してるそいつ何者だ?だからこういうパーティー 好きになれないのさ人間関係(複雑すぎちゃって…)君にしてみりゃ みんな友達なんだろ? 元彼って紹介しないでくれ僕は冷静になれないし気まずくなきゃお
Come on come on put your hands up highKeep the faith yeah touch the
何度目のスタートライン 走るのが嫌になったそう何回やったって 順位ならわかってるし 短距離走 長距離走 いろいろ走ってみたけど頑張っても過去のデータと変わるわけがないんだ 目指していた夢が遠くて 向いてないと弱気になるよこんなことなら他の道に進めばよかったのかな 思い悩んで もがき苦しみ また歩き出すんだ挫折のない人生なんて 絶対強くなれない傷つき疲れ 道に倒れて また立ち上がろうよ結果がまだ出ていなく
何回も通(とお)っているのに 今まで気づかなかったこんなところに咲いていた道端の花よ突然 今日 心がハッとしたよ昨日より美しく見えたんだ いつものスニーカーも僕も変わっていないのにそこで立ち止まったのは季節のせいなのか 恋人はそばにいる 今はまだ友達でもきっといつの日にか 特別な人になるんだドラマティックなことなんて何も起こらなくても君ともう出会ってるいつだってStand by you! 運命の巡り合いなん
ついに彼とは別れたよ一番最初に伝えたかった特に理由はないけれどなぜかあなたを思い出したの いつか(ずっと前)なんか(言ってたね)一人になったら教えてって… ハートはVacancy空いておりますあなたの予約をお待ちしています今ならVacancy寂しいくらいに恋をするならどうぞ どうぞ どうぞシーズン前に… 彼と喧嘩をする度にいつも話を聞いてくれたねどんな時でもやさしくてずっと私の味方だったよ ごめん(ジコチ
目と目が合ったのにどうしてすぐ視線を外すのか?そっけないよ僕たちの出会いは偶然に見せかけた特別な意味がある 君の名前を教えてくれ運命の筋書きとヒロインを忘れたくないアーアー パンチライン パンチライン恋はいつだってパンチライン パンチライン印象的に…パンチライン パンチラインハート鷲掴みパンチライン パンチラインインパクトが欲しいいきなりキスなんてどうだい? 背中を追いかけて僕から声を掛ける駆け引きは美
Together together さあ集まれTogether together 楽しもうよTogether together どんなときもTogether together みんな仲間 今日は おいわいしようよ おたがいのため何よりも大切なこと 見つけたんだ みんな 特別な人 輝いてるの!(輝く)誰もが 自分の夢を 追いかけてるよ みんながスター ひとりひとり 未来みつめてみんながスター そうさ 共に夢をかな
カンガルー!Yeah!カンガルー!Yeah!Everybody clap your hands! 冬の街はモノクローム空気は澄み渡ってる僕が着てるダッフルコートに君のこと包んでバスを待ってた 冷たい風が吹き抜けた時思い切り抱きしめて庇(かば)った (I wanna hold you!) 12月のカンガルー僕の中には君がいる寒がりなカンガルー君のすべてを守りたい何も言わなくたって (わかり合える)2人の体温が言葉以上に愛
少女は真夏に何をする?真っ赤に燃える太陽の下AH~ HA~大人に隠れて何をする?危険な扉を開けちゃいけないパラダイス 学校じゃ教えない制服の脱ぎ方や外泊の嘘のつき方もレッスン友達に聞かされた経験は別世界縛りつける校則を破りたくなる 禁断のこの果実目の前に出されたら毒だとわかってても受け入れるわ 少女は真夏に何をする?自由の意味を誤解しながらAH~ HA~親には内緒で何をする?何度も騙して罠に落ちるよパラダイ
バスの窓を開けた時潮の匂いがして来た師崎から向かってる夏への一本道 強い陽射しに誘われ友達と集合したよノースリーブや半袖で白い肌を灼きたい カメラを向け合ったり変なポーズをしたり冗談と笑い声その一瞬が輝いてる 羽豆岬の展望台海は大きくて私たちの未来みたいどこまでも続く羽豆岬の展望台元気をもらえるどんな夢もここから見つかるこの海原希望の船たちよ 悲しいことやつらいことそうさ 誰だってあるよ雨の日も曇りの日も
君は防波堤で膝を抱えて近づいた波を数えてた僕はその隣りで邪魔するようにわざと話しかけたら肩をぶたれた 真っ青な海は愛しさに似てるよ永遠のその意味を教えてくれるもの ごめんね、SUMMER眩しいその横顔を見てたらハートにそっと触れたくなった僕のいたずらごめんね、SUMMERこの恋友達なのに切ない潮風だけがずっと前から君に吹いてるごめんね、SUMMER 白いかもめたちが空を回って早く告れよと囃(はや)すけど
ねえ 私をどれだけ愛してるのかな?聞かせてくれなきゃわからないもん そう あなたはいつでも「恥ずかしいよ」って逃げてしまうから不安になる 愛は本物だと証明するためのチャンス バンジー宣言私を好きだったら今すぐあそこから飛びなさい態度で示そう本気で好きだったらビビらず命がけでジャンプして!むちゃぶり ねえ どんな言い訳も通じないからねやるか?やらないか?ただ それだけ そう ジェットコースターも苦手なあなたが
制服の君が 今 春の風に髪揺らしいつもの坂道を 一人で走って来る偶然を装ったすれ違いの一瞬に切なくときめいて心臓が止まりそうだよ 名前も知らない野花(のばな)に惹かれて手折(たお)ることもなく 遠くから眺めてるこのまま枯れずに咲けばいい 青空片想い恋は空の下で生まれるんだ芽生えた愛しさは太陽が育てる青空片想い心に日向があるように君と会えるそれだけでしあわせになれるよ僕は君が好きだ大好きだ 悲しげな君が 
大空のキャンバスを青く塗りつぶして雲が流れるように夢を描いてみよう 果てしない地平線鳥は自由に飛びいつか海の向こうまで辿り着くんだ 掌はいつだって何か掴んでるのさ 今 僕らは風になる思うままに どこへも行ける太陽 燃えてる限り次の朝が願い叶えるチャンス 目の前に続いてる長い一本道揺れる木漏れ日の中花を見つけようか? 喜びも悲しみも夢のその途中さ振り向くのは まだ早い夕陽 沈むまで 思い出はどんな時も愛のそばにあるのさ 今
めっちゃ好きじゃ じっとしてちゃ 淋しくなっちゃちゃうむっちゃくちゃに もっとしなくっちゃ マンゴーCHA CHA CHA だって会っちゃ クラッと来ちゃ 一瞬で CHA CHA CHAチューしてなんて むちゃぶりして あなたに
桜咲く門を緊張しながら春風に押され 入学した日まわりのみんなが輝いて見えて私一人だけ自信がなかった 厳しい授業の後で 泣いた何度もここから逃げたくなったやっぱり無理かもしれないすべてをあきらめかけた時 ぎゅっと手をつなぎながらにこっと微笑んでくれた名前覚えたばかりの同じ制服の友よ「きっと 廊下の先に夢が待ってると思うだから 一緒に行こうよ」そっと 小さな声で分け合ったその勇気 ひまわりの花が風に揺れる頃クラスメイ
向かいの校舎の2F(にかい)左端の教室カーテン膨らむ度に窓際の席あなたが見える 授業中でも気になってしまうカッコよすぎるその横顔立てた教科書先生の視線 盗んでチラリ遠く切ない ワン!ツー!スリー! チャイムは LOVE SONG愛しきメロディー流れた瞬間にキュンとするあなたが無意識に窓の外 見た時目と目が合うの5秒のデート中 中庭挟んだ距離は風で声が届かないあなたは気づかなくてもここから いつも私は見てる 休み時間に
遠い空の裾野から朝の光が溢れ出すSunrise Sunshineダムの門を開けたように今、清き水が流れて砂漠の街を満たしてくEveryday Every time僕は今日も生きてるWOW WOW WOW WOWGlory days 学校に行って 友達とふざけ少しだけ授業も耳に入って大人たちの知恵をつけられることがどれほど大切なことなのだろうはみ出さないようにルールを守って壁の時計をぼんやり見てる水道の水が出しっぱな
眠れなくて夜のコンビニへチャリで行った青い誘蛾灯 欲しいものは何もないくせにもしかしたら会えるかもなんて… 近くに住むクラスメイト偶然の期待値I miss you 愛しさをスキャンしてるレジのバーコード立ち読みしたファッション雑誌無糖の缶コーヒーピッピッピッ 音がする度恋をしてることも読み取られそうね ファミレスなら向かいにあるけどカップルたち ウザいだけだよね コンビニなら不自然じゃないわ1人きりも時間潰すのも…
LALALA… 通学の電車のドア近く同じ時間よく会うあなた詰襟の学生服を着たひとつ前の駅で降りてく人 いつも テニスラケット脇に抱えてる灼けた顔は きっと太陽の贈り物ね フレー!フレー!フレー!ねえ 頑張って初めての恋WOW WOW WOWフレー!フレー!フレー!胸の奥で叫ぶ名前さえも知らないあなただけどいつかは…私を連れて行ってウィンブルドン テレビのテニスの中継で想像したの未来のあなた大観衆が見守っているセンタ
雨のピアニストが愛を弾いているわビルの街に奏でる哀しいメロディー窓の鍵盤を叩く滴の指私だけのコンチェルト やさしい言葉で切り出すサヨナラ突然過ぎて…ソファーの端っこ黙ってしまった私は爪を噛む 「君にはもっといい人がいるよ」と眼差しの“子ども扱い”は巡り合って怯え続けた運命の未来形 雨のピアニストがそっと弾き始めたいつか聞いたショパンの「別れの曲」涙 ポロンポロン頬を拭いながら胸の奥にB.G.M. 背中を向け
バレンタイン あげたチョコは今 どこでどうなってるの?渡すために苦労したわそう あなたは人気者だから 郵送するとか待ち伏せするとか下駄箱入れておくとか友達に頼むとか結局 放課後に私 部室まで行ったよね あの愛の行方をねえ教えてチョーダイあなたのお腹の中かなだって あれからずっとまだ 返事ないからやきもきしてるのあの愛の行方をねえ教えてチョーダイ食い逃げなんて許さないそんなオーバーじゃなくてただ「旨かった」でいい感想
抱きしめて 抱きしめて震えているの この体制服を脱がせる前にもう一度だけ好きだと言って抱きしめて 抱きしめて少しずつキスをしながら無花果の皮 剥くようにやさしくして魔法の指で 初めての夜はすべてが夢見心地大人のドア開く呪文は…「後悔しない」Ah 真っ赤なイノセンス少女が散る時愛しさに瞳閉じてハートの鼓動は止まるのそう いつかそんな日がやって来る気がしてた女は一度死んで そして また 生まれ変わる美しくなったでしょう?
ロマンスロケットOh yeah!準備は完了Oh yeah!見守るヒューストンOh Yeah!発射 発射しよう! ロマンスロケットOh yeah!あなたと2人でOh yeah!銀河の向こうへOh yeah!飛んで 飛んで行こう! 長い夢が叶う瞬間そっと瞳閉じて数えてすぐに点火されるわ 3! 2! 1! Fire! 恋をする地球人不思議な生物の存在惹かれ合う地球人ハートは進化の途中さ手を取って見つめ合って黙ってみたり…抱き合ったり
塾で出会ったその人はあぁ 髪の毛がボサボサでダサい眼鏡にリュックサックでも 全国の模試三位 決して 女の子たちにモテるタイプじゃないけれどなぜか気になってるのつまらなそうに勉強してる秀才くん 恋の傾向と対策教えてどんな参考書がいいの?私 文系だからわからないのずっと 食わず嫌いをして苦手だと思っていたのに…恋の傾向と対策教えてどんな言葉かければいい?彼は受験のことしか興味ないかなそう未来のアインシュタイン隣に座
Uh…Uh… 大好きなのあなたのこと24時間 考えてる大好きなの夢の中でもあなたが出て来て 切なくなる どんなつらいこともこれからは大丈夫瞳(め)を閉じて想うのよ胸の奥のしあわせを… 聞いてる? 大好きなのあなたのこと世界で一番 大事な人大好きなのそう 永遠に…あなたがいるから 私がいる Uh…Uh… 大好きなの大好きすぎてなぜか涙が溢れ出す大好きなのこんな気持ちは生まれて初めて もどかしくて… 生きることの意味が本当にわ
見下ろす谷底は大きな口を開けて俺たちを待ち構える ここまで登って来た希望の絶壁に手を掛けたその瞬間 Watch it!落石My god!避けろよ!声を枯らし叫んだのに悪い夢か? ロープにつかまれ!おまえを見捨てない真下のピッケルに命が重くてもロープにつかまれ!恐怖を忘れろ!必ず引き上げる俺たちゃ チームだぜ! 静まり返った辺りに風が泣く揺らすのは蜘蛛の糸か? 空しい時間だけが無情に過ぎて行く残されたその選択 Do i
春めいたそよ風の中君は隣でバスを待つ夢だけを鞄に詰めて今 旅に出る 新しい時刻表で君が選んだ遥か 輝く道 遠くにいても空は続いてる生まれた街と繋がってる雲と心はいつでも自由に行ったり来たり…遠くにいても空は続いてる同じ時間が流れている今日は 別れを告げても僕たちはそばにいる 桜坂木漏れ日の中時間通りにバスが来る微笑んで「行って来るよ」と手を差し出した 君が今眩しいのは明日を信じる強い意志の光 つらい時には空見上げ
家路を急ぐ人の群れから逸れるみたいに駅の階段で私はしゃがんだ落葉色した髪とメイクを何度も直して携帯いじって時間を潰した 声を掛けてくれたら 誰でもついて行くのに…お金はいらない嘘でもいいから抱きしめられたい 泣いてすむなら 私朝が来るまで泣くよ蛇口が壊れたように…泣いてすむなら すぐに家に帰って泣くよ心に鍵掛けたまま…火曜日の夜 通り過ぎてく世間の風と冷たい視線に逆らう気もなく取り残されてた派手なネイルもへそ
強き者よ真の勇者よ戦い終えた後で誰のため流すのだろう?その涙 風は儚いものすぐに向きを変える運の巡り合わせに雨も降るだろう 夢は何度も見て叶えてゆく奇跡さ今の空も未来へ遠く 続いてる 忘れないで“勝つ”痛み誰かが去るんだ見送った敗者たち記憶の中に… 強き者よ真の勇者よ傷だらけになって手に入れたその栄光の重さ強き者よ真の勇者よ一人で立ち上がって何のため歩くのだろう?道の先Change the world! ずっと