窓を開けて – SIX LOUNGE

窓を開けて
遠くに誰かの話し声聞こえる
全部が何事もなかったように
過ぎ去っていく

窓を開けて
この暑さに置いていかれそう
このまま全部止まってしまえばいいのに

あぁ隣で眠る君を
思い出して僕は
今日も泣きそうになっている
男らしくともなんともないけど

君と歩くこの生ぬるい日を
忙しなく流れるこの気持ちを
ただ感じていたいのさどこか遠くで

眠れない夜はこの歌を
歌っておくれよ夢の中でも
もう涙が溢れてしまいそう

あぁ隣で眠る君を
思い出して僕は
今日も泣きそうになっている
男らしくともなんともないけど

あぁ隣で眠る君の
その手を繋いで
今日も泣きそうになっている
男らしくともなんともないけど