幻月-A Tragedian- – SING LIKE TALKING

もう恋なんてできない程に
心の泉は枯れ果てて
ついつい口を突く恨みがましさ
越えていくための支えが欲しい
そして
腐ったぼくは
鋼鉄の鎧を身にまとう
それで保っている自信なんていう
幻なんだ
現在の強さは
真昼の月が薄いように
きっと不安だらけさ

疑いで辺りを視れば
心の動きが鈍くなる
しらない間に段々楽になっている
いつまでも迷路でまごついている
どうして
軋んだ胸が
幸福の写真を破るのか
それに浸っている気分だったら
甘えの中に埋もれるだけ
満ちていく月を眺めたら
きっと自分を知るだろう

思いきり気持いい
そう感じることをすればいい
小鳥の啼りが
聞こえるようになれるから

そして
しぼんだぼくも
来年の春を待てるだろう
それで守っていた自信なんていう
幻じゃあない
別の強さを
夜明けの月を目指すんなら
きっと傷は癒る
いつか引いていく悲愴感なら
ありがとうで済んでしまうことさ
満ちてく月を眺めたら
そっと自分を生きよう

コメントを残す