風がふいたらすぐに霧は晴れてしまうそのまえに かたちを結ぶまえにTogether, 冷たい手をとりあい ミッドナイト, ミッドナイト・ランデヴー とびだせミッドナイト, ミッドナイト・ランデヴー 遠くまでミッドナイト, ミッドナイト・ランデヴー とびだせミッドナイト, みんなパーティーに 夢うつつ もやのなかで輝くゲームセンター激しく浮かれている音楽ただ2人 どこかよく似た2人Together, 胸の
夜明けのUFO ぼやけたUFOComes around, roundRadio 古びたRadioからニュース おお 朝が降る街 やがて諦めと望みを伴った朝が疲れ切った私の肩へ雪のように積もるだろう 劇的な夜ははるか遠く あの丘の向こうに空虚なランチタイムをパスにして冷たいシーツに潜りこむ あの人の1日が素敵なものでありますようにあの人が夢の中で前と変わらずいてくれますように 夜明けのUFO ぼやけたUFOCom
クラウディ明日もクラウディ天気予報が告げる パーティー昨日のパーティー謎めいた唇の記憶 サンデーすれ違う幽霊記憶と湿度の合成 誰夢に見た彼20世紀の薫り カーテン揺らす汐風天空の浜辺から吹く ダーリン身体横たえ手探りでボタンを外す なぜ胸高鳴る誰もいないよそこにはからっぽで壊れた思い出の部屋へ クラウディ明日もクラウディ天気予報が告げる パーティー今夜もパーティー暗闇に唇が触れ 二人消えるバルコニー花火の煙が残る ダ
とうに夜は終わりを告げて浜辺のフラッグが踊るついに眠るのをあきらめて あなたは外に出る 髪をなびかせ そこにいて泣かないで ここにいるCan you see me? I can see you Oh, well. 最後のひとりになったバーで誰もいない歩道橋で遠い僻地のガソリンスタンドで 誰にも聴こえない声で 髪をなびかせ そこにいて泣かないで ここにいるCan you see me? I can see you Oh,
忽然とたち消える鬼火の灯りと水平線のむらさきあわれみの賛歌 地下鉄の水たまりストロボとわななき巡礼者の衣擦れ彷徨えるランダ 芳しいアラビカ読みかけの文庫本と満ちみてるたそがれあわれみの賛歌
真珠色の冷たい雲が 影を弱らせる死にぞこなう 薄い太陽文庫本の文字 意味をなくし トワイライト トワイライト・シーントワイライト トワイライト・シーン 禍々しい花を夢みる 胸の奥の種子きみはぼくを見つけるだろうこの花に気づき 立ちどまるはず トワイライト トワイライト・シーントワイライト トワイライト・シーン