体寄せ合ったらそれで愛し合えた oh 言葉じゃなく吐息で分かり合えてたね 二人 君の香りと たわむれた風が今は街を いたずらに吹くつかもうとするたび すり抜けてくまた夢を見る もう一度君を 抱きしめたいあのころに 返ってこんなさよならは 夢だったと僕のこと 笑ってみて 「口付けが上手ね」wowそうささやきながら ah君は目を閉じるよ僕にすべてを委ねて 胸の痛みは 癒えなくてもいいずっと好きでいさせてほしい目が
ついさっき 君から電話昼下がりこれから 髪を切りに行くって キレイになるからと おどけてるよそれ以上 キレイになる気かい? 半分 ふざけながらも胸が騒ぐ僕さ 今まで君を そんなふうに思ってた つもりなど なかったよただの友達 それがなぜ なぜ僕は落ち着かない君 君のせい いつだって 電話していいと 言うわりにはいつかけても 忙しそうねって そうなのさ だからたまに 君の声を聞きたいんだ 調子に乗っていた いつ
You and me on Night Date二人でつないで輝きの中へ 行こう You and me on Night Date二人でつないで wow いつか偶然出会った階段の下二人の待ち合わせ場所 wow 今夜のコンサートが待ち切れなくて君はヘッドホンで口ずさんでる You and me on
不意の夕立で カフェに入った熱いコーヒー 一つ 楽しげに 語らう声が思い出を誘うよ こんな雨の中ではみんなは どうしてるだろう 僕らは はなれていても変わらないさ気持ちはいつも一緒今まで 共に越えてきた日々それが いつでも 僕を支えているんだ コーヒーが冷めて 雨も上がった通りに人が戻る こんな雨の後なら街も きれいに見える 誰かが 指差している振り仰げばきれいな虹が架かるどこかで みんなも見ているかないつの
サヨナラも言わず いつのまにか キミは去ったね 突然のことに 迷いながら ボクはたたずむ いつから その気持ち (ボクのところから) 離れてしまったのか 信じられないよ IT’S GONE TODAY 気がついたら キミはGONE TODAY どこへ行ったのIT’S GONE TODAY 帰る場所は ここにGONE TODAY 待っているよ キミをいつか そうさ I GET YOU! シアワセのあり
見つめあう 時間の波が手の間から こぼれてく 声を出さないで そのまま流れに身をまかせ そのぬくもりが ここにあるからまたやれると 言いきかせて いつものように 君のしぐさが心に風を吹かす コトバにできない この気持ちの奥深くコトバにできない この想い君のところへ 届けたい 今すぐに きまぐれな 季節の香り目をとじれば よみがえる 花をゆらしてる 春風君の髪もなでて ときめきだけが 愛じゃないけどおさえきれない
僕らの永遠は今も続いてるのさあの日の あの草原から 川に沿って歩いても海は遥か遠く引き返そうとしたけど疲れ果ててた夜 そこに座り込んで肩抱き合いずっとこのままならそれでいい流れ星がいくつも流れて ただ嬉しかった 僕らはついてるってそのたび キスしてたね 僕らの永遠は途中で別れたけどどこかで 君も見上げてる 街の明かりが遠くで僕らを無視してた二人だけの国のような誇らしい気持ちだった そこに寝転んで腕枕してもう見
もっと君と 時を過ごしたいだから そばにおいでよ(僕のそばに)きっと君を 幸せにするよだからここにおいでよ 僕に任せてよ楽しみでいっぱい扉 開けたら光のシャワー 僕らがいるのは今いる世界新しい 未来へ招待するよ もっと君と 時を過ごしたいだから そばにおいでよ僕のそばにきっと君を幸せにするよだから ここにおいでよ一生 ここに 君と一緒ならぬくもりでいっぱい星が瞬いて祝福してる もっと君と 語り合っていたい君
柔らかに 流れゆく穏やかな 光を誘い 君の名を 繰り返し空に広がる 星を探すよ 重ねるように 廻る想いが未来に向かう 僕らの扉を開ける 春の陽はそっと 寄り添った空だけを抱きしめながら今 歩くようにその瞳の中 描く世界に変わらぬままに 見守ってゆくよ 優しすぎる光が僕らを照らし 降り注いでいる 迷いながらも 僕ら歩もうほほ笑む君も涙も受け止めるから 晴れやかに染まる 雲のない空のもと僕らの誓い今 溶け合うよう
銀河のようさ 街の明かりいつも信じてくれた 君 ありがとう 窓辺へおいで 僕のそばに部屋は暗くしたほうが ほら 照れずに言える 僕は君だけを愛してる今までも これからも ずっと言葉にすればそれだけのこと胸に 渦巻いてた ごめんよ 君をもう 泣かせはしない 重ねた季節の 輝きなら星座がめぐるように ほら 瞳の中 僕は君だけに恋してるいつまでも どんな時も言葉なら それで 言い終えても思いは 止まらない 僕の胸に
いつも君を想ってること 忘れないでつらいことがあった時にも 一人じゃない 目を閉じて 僕を感じてほしい 例えばいつか 遠い世界で恋におちた二人白い街並み 見下ろす丘でそっと交わしたキスを oh 誰も知らない 真実を君と僕はその世界で 共有しているのさ 目を閉じて もう一度 試してごらん 例えば遥か 遠い世界で愛し合った二人水の都の 青い夕暮れ強く 抱きしめたこと Dream? 夢じゃないさ 本当のこと君は僕の