ありきたりなコトバならば 沢山覚えたけれどどれも違う こんな気持ち 今までにはなかった…目覚まし代わりの電話も 助手席の小さな寝息も不思議なくらい 満たされてた 初めて知る思い ずっと守っていこう 年下なんて思わせないもっと笑顔が見たい いつものように困らせてよ溢れ出す感情が 声にならない… 巡る季節の中で 一番大切なヒト“I Love You” “I Love You” そんな台詞キャラじゃないけど初めて抱く想い 
不安なんてなかった こんな気持ちになれたんだキミがいると世界は変わったんだ 見上げた空は青空で 曇りのない思いが溢れてるだからめぐり逢えた日々を 心に焼き付けよう キミが素直に笑うとほらね 雨の向こうに虹がかかるよそんな世界でずっと夢を見たい 笑顔を見せてよ 不安も忘れてしまえるからわがままも 受け止めるよ 言葉胸に募る 想い歌に込める愛はいつも強く僕らを包む 時折不安に思えたり 1人きりで生きてる気がした
My dear… もう2人は互いの過去に 戻れないんだねこぼれる思い出と 置き去りのままの合鍵 そう 1人きりの意味さえも 言い訳になるくらい不安にさせた 待たせていたけど 全てはまだ見守れない 傷付け合い生きるよりも 別れを選んだキミに合鍵はいらないんだね愛し抜ける勇気もなく すれ違ってく背中にMy dear… 孤独が増える My dear… 夢の中で交したキスは 雨音に消える今でも部屋の鍵は 
Everyday 君なら 果てしなく行けるはずさOh Everyday そう It’s alright 曇り空でも進めばいいDay by day 心が 前に進みだしたならほら 君の未来はいつだって 輝いて You’ll be alright 届かない夢はない 誰かがそう言ったあきらめるのは早い Everything’s gonna be alright浮かない顔してても 答えなんて出
キミに出逢った日から 当たり前のことも 幸せに思えたコトバに出来ない気持ち わかっててくれたね 全部思い出せるくらい 不思議だね 今までの人生が嘘だったかのように 僕にはキミが必要だから キミが求めてるものを 教えて欲しい 運命さえ変わるほど 笑って欲しいWith all my love 聞かせてよ 降り注ぐ愛も 全てが Always for U これからもいくつの 記念すべき日々を キミと迎えられるだろう子供の
少しずつ大人になり それぞれの道を行くけど君が教えてくれたことが 勇気をくれたね 自分らしく生きることは難しいけど僕が選ぶこの道には きっと笑顔が溢れてる 言葉だけじゃたりないけど 心から君に伝えたい涙も微笑みも 君だけの為に磨いてるどこまでも君が好きだから 今すぐ会いに行くよ そして「ありがとう」何度も言うよ この気持ちはもう変わらないから 想い出の海に行こう すれ違う時はいつも大事なものは側にあると 
冬はやがて春に変わり 命を知るそよ風が葉を揺らし 太陽が昇る 変わり果てたこの大地に 勇者などいらないよこの手と手合わせれば それが小さな(とても大きな)力になるから 僕らは 今こそ手をつなぎ 仲間になろうここから未来へ踏み出そう 始めよう 君と一歩ずつ明日のために (生きていこう) 愛のために (生きていこう) 僕らは 今こそ手をつなぎ ひとつになろうここから未来へ踏み出そう 心から 君にありがとう明日の
特別な 特別な キミがいてくれる毎日がたまらなく 愛しくて 大切だからキミとなら これからも 笑っていられる目を閉じれば 浮かぶ涙 ただ… ありがとう 僕はいつでも自分に自信があるわけじゃないそれでもキミを守りたいって思うんだ 何気ない日々の-(マイナス)も 輝いて見えるんだね僕の笑顔はキミがくれたもの 一番の宝物 特別な 特別な キミがいてくれる毎日がたまらなく 愛しくて 大切だからキミとな
地図に無い階段上って来た 今日からまた始まる約束の場所涙はもう流さなくていい ほら幸せへのチケット… あの日の一言も笑い方も 繰り返す毎日に言い聞かせてた君は本当の宝物 消えない想い出 ありがとう Days 覚えているかな? 8月の夕暮れの空を未来のダイアリー・渇いたノド君の隣りで笑う仕草も (鼓動も愛も歌も) 手を伸ばし確かめてきた 君を飾る微笑みは 心の涙を乾かす「重ねた二つの約束」忘れない いつまでも初め
耳を澄ませば 君の声が聴こえてくる追いかけても掴みたい 僕にとっての輝ける人 夏の終わりの空に 咲いた花火は恋になり枯葉散るこの季節は 忘れない日々になるだろう君の優しさに触れた時 守りたいと思えたからまた逢う日の為じゃなく 笑っておくれmy lady 気付けば移る口癖 何故か嬉しくて誰にも真似出来ない 君でいて欲しいよ 抱きしめたい 君の笑顔 誰にも譲れないよ飾らない仕草 その全てを照らし続けたい君に溺れて行く 見つめる度に愛
Oh oh oh oh…. How many people Are you ready? How many people そうAre you ready?Gotta
どんなに君を想っていても 僕に出来ることなんかなくていつまでも 忘れられない人よたったひとつ 大切なものは 君の笑顔と過ごした日々で戻りたい その心の中まで I still remember もう 忘れようとしても目を閉じる度 悔しくて浮かぶ涙強く握りしめる 小さな右手も 何度もねだった あのキスも君からのメッセージ 側にいたいよって 今だから わかるよ どんなに君を想っていても 僕に出来ることなんかなく
何もない部屋で一人 口唇に残る痛みはどんな明日を選んでも 君以外には溶かせないから もしもあの時 素直になれたら 僕は満たされる傘になれたのにただ逢いたくて 泣きたくなる 無い物にすがる僕の弱さだね もう一度 逢いたい 僕の物じゃないことくらい 分かっているけれどもう戻れない想い出に まだ君が好きだよ 君の心の中の僕は 今も笑顔で映ってますか?まるで夢のようなあの頃も 口癖も忘れられない 季節が巡り過去に変
毎日訪れる夜に 不安抱いてることに気づかれないようにずっと過ごしてきたけど本当の自分は何処に? 答えは必ずここに?自分を信じられるように 明日に向かって歌う 今僕はどこに向かうべきなのか 迷ったときも支えてくれる大切な君がいるから いつでも歩き出せる いつか僕があの空に書いた ありのままの自分を描いた「ありがとう」と伝えられる日々が my treasureOh Thank you for the love to all
閉じ込めてた想い出が 今でも優しく蘇るのあなたの声 笑顔全て 忘れない もう一度逢いたいから これ以上 あなたを好きになりたくないけど 大嫌いなんて一言も言えない泣きたくなるほど 切ないのは あの頃のまま I still in love with you 足りなすぎた言葉の意味を 今まで困らせたその笑みを本当はずっと気にしてたから