If – SHES

もしも僕以外に
愛す人が出来たら と言うと
たとえ話は嫌い と君はしかめ面
でもね私よりも好きな人が と君が言うと
たとえ話は嫌いなんでしょ と僕は笑う

それでもさ もし僕が
星空の向こうへ旅立ったとしても
またいつか他の誰かと
恋に落ちては 笑って生きてね

もしもこの歌でさビデオを作る時がきたら
どうか俺を出してよ と彼は笑ってた
いつになるか僕も 今はわからないけど
ずっと待っているから
ゆっくり向かっておいでね

ありえない明日が ありえるよ
生きていることって そういうものだろう
“もし”の世界が 待っているから
今をこうして 生き抜こうとしてる

それからさ もし僕が
この星の名前や 君の名前を
忘れてしまっても 愛してたこと
愛されてたこと 覚えてるから