手を広げて 全てを掴もうとする あなたの 強い眼差しそのまま まっすぐ歩き続けて温かい香りと 日差しが 溢れる時を過ごして喜ぶあなたの声も うつむく日も 全て共にわかち合おう深い闇にのまれて 彷徨っても この体を燃やして行方を照らす光になる 奏でる風の音に耳をすまして…あなたが悲しい時は かわりに泣いてあげよう見守っていくことがすべてI feel joyYou shine so bright(you
穏やかな日常を捨ててさらけ出す 心のままに降り注ぐ全ての厳しさも受け止めて 感じるままに見える景色が 変わりはじめる映す世界は 時を彩る数えきれない想いを抱いて見つけだす この足もとに誰も知らない道の向こうに新しい兆し感じて見える景色が 変わりはじめる映す世界は 鮮やかな風が吹き抜けるI wanna go up the stairs to the next levelThe sunshine always
踏みならす足音と 揺れる体が夜を誘う聞こえてくるざわめきは 歌に変わって夜をまとう絡み合う肌 全て望むままにたぎる想いは 波打つ床をたたく甘く漂う歌が 光揺らめく 夜を包んで儚い時を 照らしだす背中をつたう滴は つややかに舞う花のようで満ち足りた時を刻む 激しく揺れる色が重なる絡み合う肌 放つ光に影を揺らして果てない夜に 響き合う真夜中の歓びを 奏で合う唄は込み上げる感情が 顔を見せるまで甘く漂う
the sun goes downin the darkburn the firesweat becomes mistthe dust hangs overand the
眩しい光と 耳を捉える音目に映る景色の 鮮やかさが増す震わせるような 奥深い魅力は深くこの胸に 吸い込まれていく目もくらむような まぶしいきらめき何気ない日々の 手触りが変わる心開く者に 許された世界は体中を流れて 解き放していく全ての音を 感じるためにこの声に乗せて 心さらけ出すありふれた夜の 隙間を照らすこの音の中で 踊り続ける捨ててしまえばいい… 捨ててしまえば…全ての音に この身をさらす背
we all come from different placesand have different backgroundsbut were togetherhere togetherwhat we have
うつろな時間の中彷徨って考え悩む事に目を伏せる全てを洗い流す雨が降るって?このまま終わりだけが目を覚ます振り向いても 救いの声さえ横たわる闇に 姿を遮られて終わりのない夜が通り過ぎて ただ立ち尽くす闇に紛れ 祈りが嘆きのように漂う冷たく見えるこの世の 遠ざかる声を洗い流す雨を待つSlip out of darknessI wanna hlde my weakness愛を称え 喜びを唱え出す人々よ意