The condition of being drunk子供のように眠った ストレスフリーな世の中なのにナイーブだなんて傲慢だな適度に生きてるつもりだけどアルコールフリーじゃ追い付けない気持ちが加速する前に夜ごと飲み干そう 正味わからない 君の気持ちも終始始まらない ラブストーリーも上手くは生きれないや いいんだ見たく無いモノは 僕が全て隠すからちょっと酔ったで 誤魔化さないで今は全て許してよ いっそこのまま