朝もやの路上で 優しく揺れている花の名前も知らないけど明日へ続く階段の道しるべにしようこうしていつまでも ここに立ちつくしていても何ひとつ変わらない明日の事を悩む前に 歩きだしてしまえばいいさ揺れる想いを 胸に抱きしめたままで歩き出すのは恐いけど陽のあたる道 たどり着くその時までI will just carry on with my dream.つまらない言葉を 抱え込みすぎてる胸は今にも