蜜の月 -for the film- – SEKAI NO OWARI

大観覧車と建ち並ぶビルたち
君の後ろ姿 ずっと眺めていた
言葉を選んでた 時間は過ぎていく
僕だけこのままで 嘘が映る水面

思い出してくれたら良い あの日に見た月のように
この声が届くように 僕は歌っている
思い出してくれたら良い あの日に降る雪のように
この歌が届くように 僕は歌っている

風のように 蜜のように 鳥のように Mm

寝台列車と寝惚けたような街
君の口ずさんだ僕の知らない歌
純白の夜の駅 無音の雪の中
真っ暗な冬の海 ずっと眺めていた

思い出してくれたら良い あの日に香る花のように
この声が届くように 僕は歌っている
思い出してくれたら良い あの日の海の音のように
この歌が届くように 僕は歌っている

種のように 光のように 香りのように Mm

思い出してくれたら良い あの日に見た月のように
この声が届くように 僕は歌っている
思い出してくれたら良い あの日に降る雪のように
この歌が届くように 僕は歌っている

風のように 蜜のように 鳥のように Mm