君の苦しみを同じように感じる事 出来ないけれど寂しい時には そばに居るよずっと君は大事な友達 あの日から気にしてるケンカして三日たった君がいないだけで つまらない毎日が意地っぱりには さようなら今日こそ素直になって仲直りしたいんだいつものジョーク飛ばそう 初めて会った日に 不思議に感じてた君のこと前から 知ってる気がする Dear my friend 忘れないで 君が笑う時は最高の幸せ感じてるよ いつでもDear my frie
ちょっとスリルでロマンティックな 二人だけの秘密さ眠れない夜 君が窓辺でウインクを投げ掛ける 見慣れた街の光を抜けて タイムマシーンのように招待状も地図もいらない 不思議な旅に出ようよ誰にも止められない きっとチャンスはプラスティックな願いだけではダメさ両手を広げ 羽ばたくために 無重力のイメージ何にも怖くないさ 螺旋の星空に溶けて 二人で風になろう 遠くエスケイプ その手を離さないで永遠の夢に逢えるなら
離れても家だから どんな時も 行ってきます 信じとる 分かっとる 認めとる 楽しみ合っとる再確認噛みしめとる あんたがそこにおるから出発出来たんやんあーだ!こーだ!あんたら酔っ払って電話プルルル 上機嫌絡む暇つぶしか メール届くクックックッブログ コメント私情絡む ややこしややかましわ 「元気そうや」「変わらんな」当たり前言うな そう簡単変わってたまるか倒れたまんまじゃ かなわんわよいしょっ 起き上が
エキゾチックな黄色の風が吹く喰らいつく 東西南北よその国 流行りもんすぐ見つける嗅覚 ワンチャン級吠えまくるTV 広告 見ーやねぇや売り切れ続出 スーパースター最新手に入れ シュービドゥーバーカレンダーめくるあくる日には大豆 小豆 豆腐 納豆 (Awhooo)ビトンカルティエルメスシャネルジェイコブロレックスあれこれパリコレどれスレスレ 偽物掴まされヒルズ白金話題サカス表参買い物で早ぇぇぇぇひっか
ペダルこいで走らせるケッタPUSHで街を颯爽と走るスケーター クラクション鳴らし走る車その前でウィンカー出して割り込み走り出すバス待ってくれます? 走り追いかけるはサラリーマントゥルルー聞こえる音は駅の方から2番3番ホーム出発1番4番線も走り始める電車 ONE PUSH ターンテーブル回すレコード針を落とすDJ擦る Life! ためらうな! アクション! 道路で遊んでらぁコントローラーONで走り出すラジコンカ
中3卒業間近 高3卒業後には春にはオイラの将来が マジか!?カリカリ勉強してないわ東大だ元も子も暮らしはないわ描いた先には 鼻っから頭にないな ハイヤー周りは そうHurry Up!早いな どんどん決まって「あー痛っ」オイラは空いた隙間に入るかな はぁ Uh-huh「超 焦る!」とお口は言う「どーにかなる!」心は言う意外と開き直る ikaikawooo WAXかけて WAXとるWAXかけて WAXとる
始まりましたお祭り騒ぎ終わりはいつだ 聞いてもない開始早々聞くなバカ野郎気持ちがねぇなら来るんじゃないあっちへこっちへ置いてけビールコップが足りねぇ もっとよこせ席は選べと 咳払い 「乾杯」 カァーっと一気 プハァ勢い付け 注げ注げブハァこぼれただろうが 泡しかねぇやん笑い飛ばすか浮かれた顔して注ぎ合う喧嘩の仲も継ぐこの場とりあえず呑もうやモヤモヤは水に流したらいいやんか長机挟んで 若いもんで討論って
まだ間に合うかな 高価な贈り物束ねたら掃除も洗濯もするから 服もたたんでしまうから朝昼晩ご飯だって 美味しいの作るんだからあなたより先に起きるから 一緒に食事もしましょう傍にいてくれるかな わがままばっかりだけど好みの服にもするから遊びに行ってもいいから 信じて待っているから私の所に戻ってきてねぇ まだ間に合うかな 会いたい Just say it大好き Just say it まだ間に合うかな 後悔はしたく
毎日の様 会ってる遊んでるあんたと今日 約束して遊ぶ特別でもないけど 気分スペシャル待ち合わせる場所 お家近く 時間適当当日決めようかと スケジュール(かっこ)アバウトさあ今日ワクワクして送るメール 反応なく いないの?スタートからグダグダ うまく取れんコンタクトあんた待ち あんた待ちやっと連絡も取れ立ち上がり 走ってく慣れた道なのに何回も電話にメール 鍵が無い お腹痛い文句ばっかりもう少しお待ち
お金の虜 ノリノリで乗るロディオ暴れ出す音にも 値段が付くの数字を付けるために創り上げる物があるの何が良くて 何が悪い そんな事よりもただブランドを世に広めるグランドゼロの数を増やす事がプライド偽モノ クセモノ 満足だったら 本物の価値どこ?マジもの マジィもの その違いは世間って流行り赤裸々に体験談語る気持ち綴り感情を売る身を切り売り 大切な思い出思い入れが使い捨て eeniemeeniemine
超 天気いい昼下がりとは裏腹に体がだるいの元気なんですよ 眠くもないんですよでも なぜか起き上がれないなこうしてても勿体ないから ヨイショッ立つかおー体がクラクラ 全てがコマ送り今居た場所をもう一度確認チャント立ってる 私ここにいる日差しでも浴びて みるみる満ちるなんていい気分私も自然が与えてくれた生き物吸い上げられる熱 吸収するほど湧きあがる力 自然が創ったもの神からの贈り物 a day…
派手なワンピからパッと飛び出す素足まっさらな肌にラメをふりかけキラキラにもちろん靴はピカピカのヒール鏡の前で色合わせる どれにしよう念入りに塗った下地 重ねる紅頬はナチュラルに 眼はバッチリまづけを UP UPブラ ずり落ちは禁止 完璧に変身あとはピアスとブレス、ネックレス髪には最後のキープ ケープを鞄の中身も用意 前も後も確認したら出来上がりお出かけよ 玄関を出て 口調も仕草も色っぽく「かわいいでし
まぁいっか 毎回だ答えは二つ返事な夜の顔が「たまには」集まってみた昼間レンジが時間通り鳴るようにはいかんか10分遅れ1人2人 20分遅れ 身なり確認「私ね! ゴメンゴメン!」仲直りして笑って 意地張ってまた始まってまって「意味分かんね~」12時からだ!って 太陽見てから寝る奴ばっかってみんながお陰で変なテンションそれでもHighな奴等 お馬鹿ばっかLover上がる声はもう 雄叫びものラジカセ モノ