光/男/カメラ – SEBASTIAN X

わたしのこの目が
カメラになったらいい
きれいなもの きたないものも
すべてを保存して

ファインダーをかすめて
おばけが映り込む
目に見えないものにもちゃんと
ピントを合わせて

美しいものに言葉は
必要ないという前提で
滲むフォーカスすら楽しんで
伝えられないかなぁ

同じように見てる人が
同じように話せる人が
どこかにいるとしたなら
このフレームに収まらない
どんな芸術家も作れない
光について 話してみたい

わたしのこの目が
カメラになったらいい
カシャカシャと音をたてて
胸が瞬きしてる

錆び付いた鉄塔は
好きな人に似ているわ
男の子は誰でもみんな
雨に打たれている

理屈も屁理屈も
真面目さも不真面目さも
好きになったなら関係ない
恋の落とし穴

同じように見ているならば
同じように話せるならば
君が目の前にいるならば
作ってみたい 先が見たい
教えてほしい 触れてほしい
わたしだけの光

コメントを残す