My grandfather’s clockWas too large for the shelfSo it stood ninety years on the
楽しいことなら いっぱい夢みることなら めいっぱい今すぐ おしゃれに 着替えて友達 探しに 行こうよ 青空に 続く 坂道息せき かけてく あの娘は だあれ?忘れてた 宝物 見つけたよ切り取った 時間の 片隅夕焼け 草原 風の匂い笑顔の 魔法を 教えて 元気になろうよ いっぱいキラキラしようよ めいっぱいハリキリ 翼をひろげてペチャクチャ おしゃべりしようよ 麦わら帽子の 夏休み赤い自転車で どこへ行くの
トランク一つに夢のせ眠らない夜を駆け頭空にして さあ闇の中 hit the road トラフィックの間をすり抜けて今この時を生き抜いて Come onこの目に全てを焼き付つけてとまらない地の果てを巡るまで 千を語る写真より億の未知の世界過ぎたら戻れない過去なんていらない 町のざわめき背に 空仰ぎ砂漠の海 雪舞う尾根地平線追いかけて
落書きの教科書と外ばかり見てる俺超高層ビルの上の空 届かない夢を見てるやりばのない気持の扉破りたい校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もないしゃがんでかたまり 背を向けながら心のひとつも解りあえない大人達をにらむそして仲間達は今夜家出の計画をたてるとにかくもう 学校や家には帰りたくない自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている15の夜 ――――盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま暗い夜の帳
夕月夜 顔だす 消えてく 子供の声遠く遠く この空のどこかに 君はいるんだろう夏の終わりに2人で抜け出した この公園で見つけたあの星座 何だか 覚えてる? 会えなくても 記憶をたどって 同じ幸せを見たいんだあの香りとともに 花火がぱっと開く 行きたいよ 君のところへ 今すぐ かけだして 行きたいよまっ暗で何も 見えない 怖くても大丈夫数えきれない星空が 今もずっと ここにあるんだよ泣かないよ 昔 君と
Hello. I know you said not to writeAnd that you needed some time alone(but) I’m
I’m sick of the scenarios playing over in my headHere we go again…I guess
I’m a bit of a messYou’re a little too neatYou’ll just be hitting snooze
There’s a fine line between what you call a joke and what’s a lieAnd
Do you want to take a walk tonight and drink in the city lightsShattered
As the smoke subsidesAnd the wreckage comes clearIt’s worse than I had thoughtSo I
You struck a chord and found a wayTo voice the words I couldn’t sayMy
Still remember on the day we metHow you looked and how I knew I
I felt like screaming at the outcome of the testWhy do these things always
You wake up every morning thinking that you’ll do it allArranging all your problems
He throws the baitShe knows he’s never gonna get past there gamesBut still she
And now I see what a delicate thingWe kept alive by keeping quiet about
君が去って 数か月たってようやく分かった 僕がすべてはじめから 駄目だったってだから苦しいんだ 僕はまだ 分かってるつもりでも現実じゃないなぐさめなんかは聞きたくない もう 聞きたくないんだ 食べれず 歩けず 君の事をすべて消して 忘れたいのさ傷心なんてもんじゃない恋に落ちたのが僕のあやまち 今なら 分かり合えるでも 手遅れかな 僕はもう変わると 誓えるよもう一度チャンスをくれ 分かってるつもりでも現実じ
最後のキスはタバコのflavorがしたニガくてせつない香り 明日の今頃にはあなたはどこにいるんだろう誰を思ってるんだろう You are always gonna be my loveいつか誰かとまた恋に落ちてもI’ll remember to loveYou taught me howYou are
トトロ トトロ トトロ トトロだれかが こっそり小路に 木の実 うずめてちっさな芽 生えたら 秘密の暗号森へのパスポートすてきな冒険はじまるとなりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでるとなりのトトロ トトロ トトロ トトロ子供のときにだけ あなたに訪れる不思議な出会い 雨ふり バス停ズブヌレ オバケがいたらあなたの雨ガサ さしてあげましょう森へのパスポート魔法の扉 あきます とな
僕の背中は自分が思うより正直かい?誰かに聞かなきゃ不安になってしまうよ旅立つ僕の為にちかったあの夢は古ぼけた教室のすみにおきざりのまま あの泥だらけのスニーカーじゃ追い越せないのは電車でも時間でもなく僕かもしれないけど どんなときも どんなときも僕が僕らしくあるために「好きなものは好き!」と言える気持ち 抱きしめてたいどんなときも どんなときも迷い探し続ける日々が答えになること 僕は知ってるから もしも
あんたにゃ もったいない (fu-fu-)あたしゃ本当 NICE BODY自分で 言う位タダじゃない! じゃない? 熱けりゃ 冷ませばいい (フーフー)淋しけりゃ EVERY BODY誰にも わからない (fu-fu-)恋愛って いつ火がつくのかDYNAMITE 恋はDYNAMITE どんなに不景気だって恋はインフレーションこんなに優しくされちゃ みだら 明るい未来に 就職希望だわ 日本の未来は (Wow×4
An orchestra of Cicadas call to meBringing back memories of Kujuukuri BeachWhere I left
「ねえ、大好きな君へ」 笑わないで聞いてくれ「愛してる」だなんてクサいけどねだけど この言葉以外 伝える事が出来ないほらね!またバカにして笑ったよね 君の選んだ人生(ミチ)は僕(ココ)で良かったのか?なんて分からないけど、、、 ただ 泣いて 笑って 過ごす日々に隣に立って 居れることで僕が生きる 意味になって君に捧ぐ この愛の唄 「ねえ、あの日の僕ら何の話をしてた?」初めて逢った日に よそよそしくあれか
たまにはこうして肩を並べて飲んでほんの少しだけ立ち止まってみたいよ純情を絵に描いた様なさんざんむなしい夜も笑って話せる今夜はいいね…温泉でも行こうなんて いつも話している落ちついたら仲間で行こうなんて でも全然 暇にならずに時代が追いかけてくる走ることから 逃げたくなってる Wow- WowWar- WowWar tonightWow- WowWar- WowWar foreverWow- WowWar- Wo
It’s been months since you ran out on meand it’s taken me this long
古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいたいつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔想い出遠くあせてもおもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう 一番星に祈る それが私のくせになり夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す悲しみにも 喜びにも おもうあの笑顔あなたの場所から私が見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく 晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔想い
Reach my hand out to rest in yours,but hesitate when it won’t stop shakingLook
僕達は幸せになるためこの旅路を行くんだほら笑顔がとても似合う 色褪せる事なく蘇る儚く美しき日々よ 眩しい海焦がれた季節も雪の舞い降りた季節も いつだって振り向けばあなたがいた 僕達は幸せになるためこの旅路を行く誰も皆癒えぬ傷を連れた旅人なんだろうほら笑顔がとても似合う 何度道に迷ったのだろうその度にあたたかい手を 差しのべてくれたのもあなたでした 僕達はこの長い旅路の果てに何を想う誰も皆愛求め彷徨う旅人なんだろ
かたい絆に 思いをよせて語り尽くせぬ 青春の日々時には傷つき 時には喜び肩をたたきあった あの日 あれから どれくらい たったのだろう沈む夕陽を いくつ数えたろう故郷の友は 今でも君の心の中にいますか 乾杯! 今君は人生の大きな 大きな 舞台に立ち遥か長い道のりを 歩き始めた君に幸せあれ! キャンドルライトの中の二人を今こうして 目を細めてる大きな喜びと 少しのさみしさを涙の言葉で歌いたい 明日の光を 身