掌の星屑 – SAYA

触れれば消えそうなほど儚く光る
星の声に耳を澄まして
全てを抱き締める日が あるのなら

この掌で照らせるもの
輝きだけ数えるように
夜は夢を見ていたい

考えることもなく 破壊だけ繰り返す
深く深く刻まれた心
何かを慈しめば 何かが崩れそうで
捨てられない剣をまた振るう

戦う為 傷付ける為ではなく
駆け抜けてみたいと
願う夜空 私を包み込む

触れれば消えそうなほど儚く光る
星の声に耳を澄まして
全てを抱き締める日が あるのなら

この掌で照らせるもの
輝きだけ数えるように
夜は夢を見ていたい

虚しさの奥底で 錆び付いた心から
ひとつひとつ剥がれゆく想い
在り方に囚われて 歪みさえ生まれた
機械のように剣をまた振るう

風になり どこまでも続く草原を
駆け抜けてみたいと
願う夜空 私を導いて

触れれば壊れそうなほど儚く光る
星の海に溶けた心で
全てを愛せる時が あるのなら

この掌で照らせるもの
輝きだけ数えるように
夜は空を見ていたい

静けさの中 独りきり
一つ星 見つめる瞳を閉じ
いつかの日を願う 私を今 灯す声

消えそうなほど儚く光る
星の声に耳を澄まして
全てを抱き締める日が あるのなら

この掌で照らせるもの
輝きだけ数えるように
夜は夢を見ていたい

消えそうなほど儚く光る
この掌で照らせるもの