霧の中から霞んで見えるあの空目指して 伸びて行く枝の先いつかきっと花が色付く 遥か昔からずっと続いて来た道の上横並びの歴史と共に明日の行方を捜しに行こう この惑星(ほし)で、ただ一つだけ変わらないものがそこにはあって この惑星(ほし)で、ただ一つだけずっと繋いでくものがあって 形を成す未来その向こう側目指して歩いて行くから 彼方に消えて暮れて行く光滲んで溶ける様な 伸びてく影の数いつか増えて夜も越えて行く それぞ
深夜零時の地平線 広がる世界は今日がずっと眩しくて 鼻の奥がツンとした きれいできれいで胸が痛くなるほどに 両手いっぱいありったけの人に意味なんかないって言われ続けたとしても 宇宙(そら)から届くひかり 逆さまの星空見上げてここから始めよう さあ迷いなんて置き去りにして探しにいくんだ 見果てぬ世界を勇気出して 進んでいこう 答えが見つかるのかなんてわからない今でも怖いけど 宇宙(そら)より遠い場所で 真っ白な
そっと吐いた息が 空に溶けて消えた今も胸の奥 静かに揺れている 白く輝く世界 残した足跡も消えて果てないと思ってた時が 終わりを告げる だから ずっと忘れない言葉より大切な想いが きっと繋いでくれるいつの日か また旅に出よう 世界中どこにいたって 同じ空の下歩んでいるほら そばにいるよ だから ずっと忘れない一緒にいたかけがえのない時が きっと繋いでくれるいつまでもいつまでも またね
そっと記した夢 言い訳ばかりしてほったらかしにしていた 変わるのが怖くて 何があるのかも 何が変わるのかも行ってみなきゃわからない さあ一歩前に踏み出そう おっきな夢を叶えたくて はるか遠く遠く真っ白な世界に残したいな 最初の足跡 世界の最果てで 転がっていく太陽南風はやがて島を越えて髪を揺らす ちっさな夢を叶えたくて 願った強く強く履き慣れたスニーカー 紐をキュッと締め直して でっかい夢を叶えたくて はる