魔法にかけられて – Saucy Dog

逢えない日はね 僕ら
テレビ電話で夜な夜な
君が眠れるその時まで
話題が尽きてしまえば今日は
無言で良いさ 夜が更けてく

君の話を聞こうか
あの嫌いなやつの話
意外と毒舌なとこも好きだよ
「なにそれ褒めてるの?」って笑い合える事が
僕らにとって 良かったりする

今日がどんな嫌な日でも忘れてしまうよ
君の魔法にかけられて
涙が出るほどしょうもない どうしようもないふたりを
くだらない話で溢れさせて

不器用なふたり しょうがないよね
言葉じゃなくたって 分かっていればそれで良いや
敢えて言うならふざけながら自然に
それでも少し照れくさいけど
愛してるよ、おやすみ。

痺れた右手そっと うなじ抜け出して
ちょっともうお昼過ぎだよ、まだ寝てるの?
僕らお家で時間潰しながら
のらりくらりと また繰り返し

凍りつくような喧嘩も 数えきれない程したって
真剣な顔に堪えきれずに
吹き出した君に甘えてしまう
それで良いのか 分からぬまま

高級な店じゃなくても 綺麗な夜景があっても
「ふたりじゃなきゃダメ。」僕もそう分かっているけど
見栄っ張り 意地っ張りが 僕の悪い癖

「大丈夫、大丈夫。」
いつも君は頷いて笑う

「私ね、きっといつまでもね」
僕が不安な時はちゃんと瞳を見て言ってくれる
いつもみたいにふざけながら普通に
それでも少し照れくさそうに
「愛してるよ、おやすみ。」

コメントを残す