街の雑踏の中 聴こえた歌が懐かしくて ふと立ち止まるあの頃 描いてたような自分に今の私は近づけてるのかなくじけそうになるこんな夜は君の声が聞きたくていつものように 君が笑って「大丈夫」って 言ってくれるだけでこれでいいんだって 歩いていける不思議だね まるで魔法の言葉のよう他の誰かと 比べるたびにまたへこんで 自信までなくして精一杯 平気なふりしても一人になるとただ苦しくなるのふいに鳴るコールまる