水いろのひかりさしこむ窓にきみはひとりぽつん風にきみの顔がにじんで水いろの陽に濡れる机(テーブル)にきみはほほづえついて今朝の夢のつづき思い出すさああたまに帽子のせてでかけなさいなほら外はいい天気だよ水いろのひかりあふれる部屋に朝は悲しすぎる風にきみの夢がにじんで