WORLD PARADE – Sano ibuki

音のない夜が 目を覚ます前に
君のこと 見つけられるのかな
流れ星の騒めきくらいの
背中に目眩がした

遠くではためく旗が
まるで雨の後の虹みたいだな
枯れた街 破れかけフィラメント
こんな僕でもいいのかな

悔しくて遣る瀬無いから俯いて聴いた
鐘とラッパとドラムロールの笑い声
いつかなんて曖昧な言葉と眠った
涙は何度だって拭ってきた

いこう 僕らは出会うために
幾つも誤魔化し笑ってきた
世界の真ん中 小さな宇宙の中
いくよ その足でその身体で
吐き出した メロディに気づけたよ
光の先の 君に会いにいく

空を横切った 飛行船との距離は
目を背けた分だけ遠ざかっていた
溢れるパレード 声の群れ
逸れないように 迷っていた

伝えたかった事はちゃんと胸に残り続けて
忘れても 輝く星に変わる
君と全てを掛けた天秤 余地はないのさ
震える指先で選んだ 未来だ

いこう 僕らは出会うために
当てのない旅を続けてさ
変われないけど 分からないけど
今 いくよ この足でこの身体で
響かせた メロディに気づいてよ
光の先の 君に会いにいく
この世界は僕らの
そう僕らのものさ