emerald city – Sano ibuki

裏返した世界 煌めいた街、摩天楼
物語は動き出す

閉じた扉に描いた
見飽きた知らない僕の夢
光り輝くビルの隙間で
一人困ったふりしている

隠れて濡らした袖の数を
壊れた秒針に尋ねては
最低な朝の繰り返しに
終わらない夜を望んでいた

足跡を増やすたびに見つけた僕らは
本気で挑んで必死に命を尽くしている
逃げ腰竦んで隠した 勇気の成れの果て
まだ生きているのなら 夜明け 呼び起せ

裏返した世界 煌めいた街、摩天楼
瞳の奥に映る 景色は何色だ
想像の旅の果て 現実を越えた先で
本物の正体にようやく気付けた
誰も彼も消した世界で
待っても助けは来ないから

脚が軋んでも速度は落とさず
嘘と本当の堂々巡り
叶わなかった想いや夢の走馬灯
幕が閉じるのを待っていた

感情に任せて 壊した未来を目指し
生き抜く僕らを救えるのなら
どうせカサブタくらいの誇りしかないけれど
憧れに埋もれた 夜明け 取り戻せ

選ぼうぜ 何色だ
閉じた眼はいつも知らないストーリー求めてる
抗えない 正解の中
いつだって この眼次第だ

裏返した世界 煌めいた街、摩天楼
瞳の先に聳える 景色は何色だ
現実の旅の果て 理想を越えた先に
誇れない日々の続きが眠るなら
行こうぜ 怖いね でもね 行こうぜ
失った僕らと生きている
叫んだ思いで 綴った言葉で
物語は動き出す