滅亡と砂時計 – Sano ibuki

光の失せた瞳に
色が馴染み滲んだのは過去の果て
背に架せた重さに何故か
生きる意味も価値も貰っていた

この砂漠の海に漂い
見えぬ遥か先も舞うのは礫
あなたのいない 夜は長く
荒い気息一つ 掠れ残った

これ以上もない痛みを
失うほどに 追いかけ
あなたを思えば 思うほど
私は灰となるのだろう

いつになれば触れてくれるのだろう
思い馳せたメロディと共に
身体中走り回った恐怖を
この胸の中抑えている
いつになっても返ってはこない温度に
伝えられぬ愛は積もり溶けた
気づかないまま静かに満ちていく
全ての終わりを待っている

例えられない淋しさは
重ねた時の雨に埋もれていく
優しさで編んでくれた
憶い出 ほどけて 面影も失くした

羨望も絶望も
いつかは水溜りのように溢れていた
募り過ぎた殻のこの身が
乾涸びてしまうのはどうしようもない

言葉にならない高鳴り
最後に教えてくれた
伝えることさえ 出来ないまま
あなたはもう戻ってこなかった

ねえ 教えて この狭い広い世界の
どこにあなたの心は眠っているの
この地に私が生まれたわけは
今はどこにも どこにもない
夢が見せた景色が離れず震えた
ここにはない 温もりを求め歩いた
傷だらけ褒めてくれた指先で
冷たい体 抱き寄せた

熱を帯びた 雫が落ちた
終わる間際の頬に流れた
もう触れてくれることのない
あなたと私は灰になる

いつになれば 触れてくれるのだろう
思い馳せた 砂の降るこの世界で
崩れ壊れる ガラクタの体 二人を
遠く彼方へ 運んでいく
いつか私達また空の下で会えたら
ただの旅人同士だ その時は手を繋ごう
叶うかな 叶うのならば 砂の中
私は終わりを待っている、
あなたの始まりを待っている。