いとし仔のワルツ – Sano ibuki

世界が声を失くした ひとりだけ
息を吸って それを吐いて
呼吸のリズム ひとつだけ

望んだ景色の中にいるのに
眠れないのはどうしてなんだろう

安心すれば恐くなるよ
終わりを追いかけるみたいでしょう
息を吸って それを吐くことも
不安で堪らなくなるよ

孤独という街に埋もれても
眠れないのはどうしてなんだろう

ふわり 夜を越えてさ
知らないことばかり増えた
くだらない感情で満たされて
どうせ 忘れてしまうならさ
こんな想いに夜に痛みに
きっと 全部意味はない

荒げた心の奥底
いつかの誰かを思い出す
訳が分からず誤魔化した
優しさってやつがわからなかった

宙に伸びた塵の光に
苔の生えた心臓が騒いでいる

なんとか朝を凌ぐ度
知りたいことをまた見つけた
誰かに伝えたくなって
ひとりぼっちの意味に気づいた

大丈夫だ もう十分さ
孤独なんて嘘ばかりだ
離れる時が怖くて逃げた
君はそばにいた

僕が音を失くしていた
呼吸のリズム ひとつだけ
苦しいよ 上手くできないよ
ごめんね 会いたいよ

ふわり 夜を越えられたなら
君に触れたいと願っていた
くだらない感情で満たされて
どうせ 忘れてしまうならさ
こんな想いに夜に痛みに 意味はない
それでも 全部生きる意味