車窓 — SANABAGUN.

Do you remember? Do you remember that time in autumn leaves?
Do you remember? Do you remember where I first met you?

誰の過去 帰る場所 今を映し出す 列車の窓
秋を黄色に染める稲穂 空は高く 青いもの
風は見えねど 触れられて 白い雲に 連れられてく
川の水は清く流れ ただ思い出す 帰路の眺め

当たり前が流れる窓 さも変わらぬままそこにあるかと
僕が住んでるあの都会じゃ “無”が出来ていつの間に消えた
飾らないありのままと 暮らせてたのは いつのこと
覚えてるのはあの香りと 僕に笑った 君のこと

Do you remember? Do you remember that time in winter sky?
Do you remember? Do you remember when I once loved you?

君と今 会える場所 過去を映し出す 列車の窓
美しい一面の雪 引き換えに吹く 風は冷たい
曇った窓ガラス越し見る 風景とどこか似ている
不確かが 美化していくものは 思い出や記憶 偽りの言葉

僕が住んでるあの都会じゃ “嘘”ができていつの間に消えた
冷え切った手 握り合っても 互いのことなど覚えないもの
色濃い季節は過ぎて 淡く 冷たく 輝き続ける
思い出せないその声と 君がくれた 手紙の内容

Do you remember? Do you remember that time in autumn leaves?
Do you remember? Do you remember that time in winter sky?