グレイ – sajou no hana

きっと誰もが夢見ている。
眩い明日で満たされた世界を。
きっと僕には関わりのない、
綺麗な色で塗りつぶされている。

「どうして泣いているのだろうか?」
「誰かの憎しみを受けるべきだというの?」
「いつからこんなことになった?」
答えはどこにもない。

歩き出した感情の音は、水色、淡くささめいて。
溢れ出した言の葉たちを、まだ憶えている。
いつからだろう、僕の心が解けていく。

きっと誰もが夢見ている。
世界の色を自分で決めること。
きっといつしか気づくのだろう、
舞台の隅で立ち尽くす自分に。

僕はもう諦めているんだ。
誰かの憎しみの掃き溜めであること。
いつしか感情は曇って、灰色の僕がいた。

空が僕を笑っている。
その青さに憧れた。
君のように生きられたらと、何度願っただろう。
きっと愛されることが怖くて、
無彩の部屋に逃げ込んだ。

「彩られた世界の中でもう一度生きてみたい」

歩き出した感情の音は、水色、淡くささめいて。
溢れ出した言の葉たちを、まだ憶えている。
いつからだろう、ずっと前に凍りついていた僕の感情が色づいていく。