まだ何者でもない君へ – saji

ここは地獄か?天国か?
生まれ落ちて 早や幾十年
思い出すのはいつの日も
画用紙に描いた夢のあと

子どもの自分-キミ-には
気付きもしないだろう
生きてゆくことの難しさに
澄ました顔で
背伸びをしている
ため息ばかりが増えてゆく

嗚呼、退屈な日常に
僕たちは染まりながら
当たり前のように
また今日を繰り返している

末は科学者か弁護士か
期待されて 置いていかれて
思い返すのはいつの日も
頭を撫でてくれた母の手

忘れてしまえば
傷付かなくていい
叶わない夢を見るくらいなら
澄ました顔で
大人のフリして
後悔ばかりが増えてゆく

嗚呼、憂鬱な日常に
僕たちは悩みながら
金縛りのように
生活-いま-を捨てきれないでいる

子どもの頃には
みんな持っていた
色とりどりの夢は今も
僕らをどこかで
ずっと待っている
ほら迎えに行こう

さあ、どこまでも
飛んでゆけ
その夢が叶う場所へ
未来はいつでも
君のそばにあるよ

さあ、明日へと
出逢いに行こう
その夢を叶える為
もう迷わないように
未来への矢印を描いて
走り出せ