「ねぇ、ひとつだけ聞いてもいいかい」「幸福ってどんな形をしているの?」幾つもの別れを選んで二人は出逢った これがきっと最後 Yeah 与えられた使命 無様に成りさがったっていつまでも君ひとりを守っていこう 単刀直入に言わせてもらうよ「君こそが僕の生きてく理由になった」「大袈裟ね」って笑われたって胸の真ん中に生まれてきた想いさ Yeah 遠く見える地平線 鮮やかに色付いてく一日がただ ただ ただ 無事であ
言葉以外で君に伝えるための術を探してたベランダで眠れぬ夜を過ごしてたんだよ 争うために僕ら生まれたわけじゃないと話してたため息は白く固まって夜空へ飛んでった 愛しすぎて苦しみも伴って傍にいるよ これからは何時でも あたりまえだと思ってるもの大切にしたいと願うほどもっとちゃんと向き合わなくちゃなあ粉雪が手のひらに舞い降りて5秒後に形を消していく僕らこんな温もりを持ってまた明日へと 合わせ鏡で僕に足りないもの
oh my baby君のこと忘れなくちゃ無理矢理出した答ゆえ今も戸惑うよ oh my baby苦しいよ ひとりよがりの恋はしないと決めたよ今さら遅いけど 離れて暮らせば何かが見えてくると思った女々しさだけ涙と流れてく愚かものoh my melody君がいない部屋は今日も不気味なほどに静かだよ聞こえるは蝉の声 悲しみの影ぼうし 離れて暮らせば何かが見えてくると思った抜け殻だけ集めて嗚咽あげ崩れてく oh my baby僕は
泣かないで僕はここだよ目をつぶって感じてごらんよふたりして乗り越えていこう立ちはだかった悩みや問題も だましだまし過ごしてても答えは出てこないし恋の行く方見つめてたら僕も涙溢れてた だからできるだけ遠くへあなたを奪い去って名もない街で静かにふたり暮らしてたいなしがらみが多くって勇気が足りなくて想像の世界を行ったり来たりいてるだけさ会いたいよ 誰ひとり傷つけないで愛せはしないって百も承知だけど まわり道の向
永い永い永い冬が窓を閉じて僕は陽だまりの中確かな希望と 微かな温もりを心に描いて 信じていたい 人それぞれ 旅の風に吹かれ愛す人に出逢ってすれ違ったり 時には傷つけたりするけど生きてく その理由に変わる 会いたくて 会えなくて 駆け抜けた道は長くて立ち止まった交差点でも頑張ってみたって まだ答えが見つからなくって怯えながら踏み出す一歩 君がいる場所へ 期待していた未来とは違っても僕は僕でいたいよ優しさだ
ごめんだ!! 夢のない生活を受け入れるなんてごめんだ!! 決まり切った様な安心感なんて不安や付き纏って来る「責任」ってやつもすべて僕を大きくするための成長剤 遠き友人の励まし 再び心を取り戻す電話の向こうの母親の声 元気そうで胸を撫で下ろすボーダーラインを越えていこう ドン底の日々にさよなら存在する意味を今こそ余すことなく証明 24 Life 僕は僕としてどこまでも歩いていたいから優等生気取るのもやめて剥き出しの本
楕円の窓から眺めた夜景そこに散蒔いた罪悪感どこで浮遊してる? 最初のキスの味すら忘れ不協和音をただただ楽しむ レスポールの音で脳が揺れた才能などいらんと未だ強がる 開いた口も塞がらぬままどうしようもねぇと笑って夢を描く 幸いに上手い具合に 僕らは出逢いをみつけた痺れてしまうようなチェーンで ほら繋がれている十代のインターバル さぁ今日も作っていこうよ“死にたい”とさえ吐いちまう奴も 救えるような唄 進めば進
永遠のシルエット切り取ろうとして絞りこむレンズを夜空に伸ばすなんて僕らは儚き夢や愛に憧れちゃうんだろう ねぇ 教えて 運命を越えろ 瞬間を捕えろ さあ さあ 流れ星が黒ベールを さっと横切っていく終わりあればこそ美しいと その身を焦がした 大胆不敵なポーズで横たわている艶やかな女にストロボ焚いたシャッター切る度 官能的な瞳逆撫でされるのは この衝動 満月の鏡 本能のままに 随(まにま)に 光がひとつ生まれれ
歩き出すことに怯えて そこで随分立ち尽くしているね何食わぬ顔で過ごすのも 疲れ果てて心が泣き出しそうだろう 何かにダーリン 捕らわれたり悪魔に勇気さらわれたりしてるなら 誰もが同じ鍵をかけた扉を今 涙を拭き開けてみせて声を聞かせておくれ 君の存在 僕がいったい どれくらい大切に想うか伝えていきたい 咲かせてみたい 希望の色に満ちた花をその種を君も僕も胸の中に持っているoh…I wish for the sun
バスが揺れてる一番最終列君が仕掛けた恋の罠明日の行方に不安はあるけど君の唇がそれさえも塗り潰した 忘れないよ冷たくて華奢な手のひらが怯えながら探してた本当の僕の気持ち肩の上ではじけた髪の匂い 茜色の空が映す二人の影は頼りなく伸びていくろくに君の瞳も見れずに願い続けた 連れて行ってくれないか永遠の国へできるならノンストップで 揺れる度に右腕に当たっていた胸が男心くすぐって持て余していたんだもどかしくて歯痒く
僕らは生まれたその瞬間からそれぞれの役割をこの胸に抱いてダイアリー余白を埋めてくように一日また一日を紡いでいく 見えなくていいもんは 何ひとつないからためらって 受け入れて 新しい扉をたたこう ありのまま歩く姿 耳を澄ませてみるんだ道しるべ 心の声 導いているよ希望が照らす未来へと アンテナ腕の分伸ばせば生きるヒント幸せもつかめるだろう 大切なもんはいくつもないから見極めて ハグをして 最期まで信じてみよう 気紛れな神様が
シングルベッド シーツの海に二人で浮かんでいた半端なままの優しささえも愛と呼んでいた その場しのぎ 抱き合っても傷つけること気付いてるのに かいかぶらないでくれ月光に透けた本性も僕さ何度でも途切れそうな子守唄 歌ってよ 剥ぎ取られてく仮面の奥にどんな暗闇があっても触れちゃいけない秘密もあるさ目を閉じていよう 今の時間を僕らなりに認め合えたら もう一度キスを 真実は悪戯に月光に透けて儚く揺らいではもう少しで届きそうな
衝動にかられて吐き出してくメロディー漠然たる野望に向けて放つエナジー 拝啓アメリカ御陰様で安全で調度いい湯加減です 聞こえてますか 届いてますか見えない敵に声を枯らして善くも悪くも僕を動かすdesire 映画で観た街は荒れ果てたスラム街妙な胸騒ぎ いずれ他人事じゃない 近所の子供は大人達を社会の大人は子供達を 何を信じて 誰を恨んで明日を生きていけばいいのかわからないから哀れみだけの sympathy 嗚呼どれだけ涙
lonely night hold me tight人肌恋しき おぼろ月浮かぶ 街を飛び回るマントをひろげ 獣になりきって正義か悪か もうどうだっていいんだから抱きしめてくれ 慰めてくれ涙で濡れたバラの花びらだけが締め付けてく心僕に歌ってよ 吐息の子守唄 long long vacation!! lonely
なぁ おやじ 俺は今素敵な想い出がフラッシュバックしたグーッと腕を伸ばしたら届きそうなほどに 鮮明な風景 なぁ おやじ 家の横公園で二人はキャッチボールした寒そうに捨てられたダンボールがたったひとつのホームベース 速い速いスピードに 少し怯えながら只々 大きなグローブを広げて大事なものはちゃんと掴んで来たよ もう一度 笑ってくれもう一度 叱ってくれ頼むよ 錆ついた右腕をあげてくれ世界一の笑顔は 俺に勇気
君の背中だけを ひたすらに追いかけてく深い深呼吸をひとつ 涙拭って走る 平らな毎日 急な坂道数え上げればキリのない弱音 Pace Maker 未来へと導いてくれ夢が叶うように照らしていていつも ずっと ずっと 何度も転んで 膝をすりむいたっていいんだよ君の背中と赤く輝く血は語る 追い風の音 掴んだ心振り返らずに行く時は 今だ Pace Maker 辛いほど腕を振って無限の可能性で挑んでいたいそして いつか きっ
ここで眺めている景色はいつも一緒だ高いビルのせいで今も四角い空 窓を開け僕は何も言わず見守った 鈍く重たい雲 夕立ちを降らせた午後羽根を休めた鳥 襟を立て急ぐ人 南風吹いて 雨上がり この匂い oh rainbow, vain rainbowI say“hi”君を待っていた憂鬱も 苦痛も 不安も七色に塗り替えてくれよvain rainbow, you make
水面に描かれた永遠に続く円のように純粋なこの心 あなたを想う気持ちには何ひとつ偽りのないものなの 人を愛することに理由なんてないものだよねあの頃のときめきは現在じゃないに等しいけれどそれ以上の幸せは胸にあるよ いつの日か目の前の高いハードルを手をつなぎ「せーの」で跳べるかな あなたが側にいるだけで 時間の流れが穏やかにまるで向日葵揺らす風みたいだから今言葉はなくとも抱きしめることが愛の証他に何もいらないくら
肩を狭めて行き交う街君の背に似た影を探してしまう聞こえるはずもない声が人ゴミをかきわけて今僕に届いた 遠く想う度にいつも愛しさが胸しめつけるよ深いため息 夜空にとけてく 星がにじむ街 願いは途切れてしまうかな今日も君に会いたい好きになる程に臆病になってくこの気持ちどうか受け止めてくれないか ひとつ星よ 鋭くとがる三日月にぶらさがる誘惑が呼んでいるけどはぐらかして来た過去達が何度となく行かないでと裾を引いて拒ん
「毎日同じ生活にどうも息が詰まりそうだ」なんだかんだ文句ばっか垂れてる焦らなくてもいいじゃない 休息も必要なんでONとOFFをちゃんと切り換えて たかがしれた僕らの人生 力抜いて笑い飛ばしてoh yeah yeah yeah yeah 世の中に飼い馴らされ 老いてくだけは嫌なこった免許取ってどっかドライブ行きたい 鏡に向かい言ってやるのさ「お前本当よくやってるって」oh yeah yeah yeah yeah 晴れ渡る空を見上
重ね重ね 口癖ように名を呼びあって知らず知らず 馴れ合いの空気を吸い込んでいる終始ペースは君のもんで 機嫌はいつも波打つ風 約束さえ果たされぬままに季節は移ろい放っておいた傷口はもはや化膿しはじめた煩わしくもある毎日や日常を乗り越えていくため恋や友が支えなのに またそれで悩んでしまうよ まわるまわる時代の針 自分すら見失ってしまいそうさそれでも何度も試みろ 1・2・3のステップでもって常に自分を越えるためのハイジ
言いたいことを 口にすればねキレイゴトだって かたづけられて言えば言うほど 時代の波に逆らっているように思える近頃の僕です ビルを横切り 人だかりの中居場所を求めて 背伸びしてみるいつになく 満たされぬまま蹴りとばす虚しさ 無情にひびきわたる 想うようにはいかないもんだ風向きはいつも変わるんだろう助走をとって 涙も味方につけられるように はばたけない鳥たちよ今はどこで羽根を休めているの音をたてて壊れゆく ゆがんだ日々の中
I’ll be with you.I won’t let anybody get in your life, our love.So you
風にたなびいた覚悟のフラッグひとつと夢を詰め込んだ鞄を背に背負って 生きる証を足跡に深く刻むんだ夜明け前の月が照らす砂漠道 あの地平線を朝やけが朱く染めたら愛しいものにもしばしの別れを告げて きっといつかの泡沫の恋もポケットに国境を越えて情熱の花を咲かそう 旅人よいかなる時も君は君のまんまでいればいい迷いながら間違えながらそれでも歩く旅人が落としていった大粒の涙のオアシスに青すぎる空が映りこんでいた 突然の
腐ったって人は人間という名を捨て切れはしないのさあがいても涙を流してみても理解ってくれやしない気持ちを無駄にはしない 神は少し不平等に幸せのたねをまき散らしただけど君の黄金色のその胸の光を見ているからね 大人への階段を一段飛ばしで駆けては来たけれどスピードの速さで花畑に気付けなかった悔しさを何かと引きかえに 暮れゆく今日にさよならを云いながらね 祈りをまるめて近い未来 小さな約束だけでも笑っていられるさ 何で
Oh friend 君の名を呼べばそっと命が宿るだろう大切なことに気付かせて 眼に見えないモノに色を着けて忘れないように部屋に飾ろう粘り出す絵の具 想い込めて涙を少し混ぜる 準備はできた 真白なキャンバス 自由に描く考え過ぎないことにした正体不明の絵が仕上がったよずっと僕の中で眠っていたんだな Oh friend 君の名を呼べばそっと命が宿るだろう大切なことに気付かせてほしいよOh friend 君の名付け親生涯無二の友
“愛してる”ほろ苦く幼い果実の様だ青臭くてチョット照れくさくてそっと 口唇かみしめ怯えていた “愛してる”偽りなき熱い想い胸に螺旋の階段で 屋上までのぼってフェンスごしの夕陽に君を浮かべ歌った 流れる時を横目に 君と歩いてきた日々をぼんやり思い出していたよ 街が揺れていた Stand by me stand by me怖いものなど何ひとつないStand by me stand by me信じていられる強さが ここにあるんだ
街工場で働く人達の手の平の堅さを僕は知ってる I know彼等が昼休み弁当のフタを開ける瞬間の笑顔を僕は知ってる I know愛する家族のため 愛する誰かのためと I know get back, go home dead tired 何不自由ない生活の中で新しい病原体の出没を僕は知ってる 恐いなそれをカガクでどうにかしようとしてモルモットの命が奪われるのを僕は知ってるんだ
空白を埋めるような笑い声意味もなく戯れて撫で下ろした心は歪みのない世界求めるんだよ 今でも しばらくの時間経て君が言うんだ「夢を組み立てるネジをなくしてしまった」強さはいらないと叫べ ひとの痛みがわかるまで生き急ぐ必要はない 溢れ出した涙で錆び付いてぎこちなく回る歯車どれくらいの間夢を置き去りにして眠るのだろう きっと僕ら青空を向き笑う花というか草の香り思い出して 懐かしさに潤って 隣人の優しさ浴びながら育ちゆ
夜の首都高の上には真ん丸な月が浮かんでいて僕の孤独をめがけて少し痛いスポットライトわざと照らしてんだ tonight 時計の文字はミドリ 冷たく過ぎてく時間は午前をまわり 家まであと何マイル?あなたはすでに寝てるのかな i want love, i want kissそれだけでいいのにi want love, i want kiss明日は来るのにi