ため息の訳は曖昧なままの自分と未来が嫌だから平気なフリして強がって見せる癖も 本当はあまり良くないね線路の向こう彩る季節を繋いで必ず春はくるよって信じたいな 今だけ大切なあなたに移ろう日々のセンシティブサイン辿ろうよ 憧れた町まで先で待ってて きっと出会えるから知らんぷりの訳は認められない自分が小さく見えるから逃げ道作って閉じ込めた思い不安が少し扉を叩くのハングリーな野望 何者でもない私なら輝く時
裸の人魚 溺れてくこんな恋をしたら 後悔するそうよIve got you under my skinだってもう賽(さい)は投げられたって悪い噂流れてもいいや 打算の無い欲望ならいつか泡になって 溶けてもいいわ見つけた永遠が永遠なら よそ見なんてしないのに頭の中オーバーヒートするならそれもいいね波が凪いでゆく頃に 愛に変わったとかいってVaVaヴァカンスは終わり コートを着るのね無口な人魚 見つめ
つま先から頭の先まで動かしてやっとみつけたんだよ誰よりきっと いつもよりずっと生意気でいてよねつま先から頭の先まで動かしたら心が育つのがはやすぎるね誰よりきっと 今よりずっと元気でいてよねどこへでも行けるなあと少しだけ荷物が増えそう真面目が取り柄で、心配性まだ花のない 若木の夢わたしには想像も出来ないよ言葉だけじゃ 足りないことのいくつかは歌ってみるのがいいと思うのつま先から頭の先まで動かしてわた
素敵な君のバースデイはしゃぎ過ぎてるベイビィガール今夜お洒落して待ってて今日は君のバースデイ遅れたりしないように急げ僕のClunkerあぁ僕らは光るネオンテトラだねこの街を泳ごう一緒にいる夜の魔法のせいでこわいくらいきれいだ大人になるって素敵だねだけど少し悲しい天衣無縫の天使変わらないでいて素敵な君のバースデイはしゃぎ過ぎてるベイビィガールルナパークへさらって行くよ悲しい予感なんて忘れてしまえるよ
背中合わせの君へ 黄昏のダイアリー放課後 バス停 じゃあね 手を振るよゆらり 僕等 乗せて 進む片方のイヤフォン ほら 差し出せば肩に もたれ 瞳 閉じてただ 身を任せたなにもかも違う僕等の足跡は加速しながら刻まれてく背中合わせの君へ 黄昏のダイアリーひとつ ふたつ 灯る 街灯ずっと変わらないで群青色が迫る 指差した金星同じ歩幅 違う未来いつか進んでも時計を気にしてる 駅までの道わざと 見せた 下
風の向こう 弾む息 流れゆく景色振りほどいて超えてゆこう 今日は始まりの日湧き上がるよな願い両手を広げ薄紅の街は霞み 風に舞うスカート鐘の音が急かした 遠く未来へ曖昧な距離のままで 送り出すシグナルおどけてはそらした ホントの気持ち柳の葉揺れる恋心溢れそうな涙きっと隠しきれない坂を登り 追い風に身を委ねたなら先を見据え恐れないで 今日は旅立ちの日巻き起こしてく力雲間に光る 未来へと「好きだ」と一言
手が届きそうで 届かない願いひとり溜め息ばかり衛星は今日も 軌道を描いてくいつも遠回りばかりありふれた会話を紐解いてそっと真空のカルーセル乗って あなたと星を巡るの銀河に抱かれたなら 私たち無重力ね突然の磁気嵐も 恐れず乗り越えられるわ星座に見守られたら 私たち無重力トワイライト 静かの海 待ち合わせましょうとびきりおしゃれしてね退屈な日々を抜け出したいずっとパルスの波に揺られて 流星ラインダンス