Are you going to Scarborough Fair :Parsley, sage, rosemary and thymeRemember me to one
見失いそうな たいせつなこと あなただけには届くのだろうか?戸惑いも ためらいも 抱きしめるから伝え切れない想い 伝えてゆくから 駆け出したその背中 泣き顔が頑張って僕を見て笑っている臆病な心は まっすぐな瞳を いつでも見逃してしまう そう もちろん 悲しいけど何もかも思い通り 生きられないよ風に吹かれよう Forever I’m knockin’ your doorいつまでも あなた
新しい空が生まれる時過ぎ去る日々をこの胸に刻む 誰かは言っていた夢は叶うと 出かけよう 遅刻(おそ)すぎていたとしても待っていてくれる みんながいるから 君の笑顔に教えられた大切な人を守る生き方 誰かは言っていた遅すぎることないと さぁゆこう 思い通りにならなくてもゆっくりと すこしずつでもいいから 出かけよう 遅刻(おそ)すぎていたとしても待っていてくれる みんながいるから
I’ll give you my heart here in the sunshine君を照らしてる blue skyI’ll make a fresh
笑われてもへっちゃら 私はバカだから枯れた花に水をあげたりしているわ もうすぐ約束したあなたの誕生日ねあの日から止まったままの季節を数えている 幸せかもしれない。。。。あなたをこんなに待ってるなんて17月のページは26日だけ書いてあるWaiting for that day, find day 通り過ぎる車が埃を舞い上げて帽子を飛ばしたけど はしゃいで追いかけた 夕陽が色んな雲をゆっくり染める空一緒によく唄ったあの
きらめく季節を時には恋に追われてふり向く暇もなく流れてゆく日々さ 窓辺をつたう雨 心にふと君が揺れる Nobody knows baby, nobody elseいま君がどうしているかさえもうNobody knows I can love someone elseもしも 今傍にいたら…Something tell me you’re
遥か空の深い闇でひとり歌うよ melody二度と二人には戻れないだからこのまま眠るよ たとえ何もかも消えても二人の誓いはここに輝く星を見上げればぼくらはずっと側にいるんだと… あいしてるよ いつまでも どこにいても届くから 今すぐ守りたい どこまでも 星になろう僕がいなくなっても 笑って 二人で見た夜空には眩しい星の harmonyこの星を見上げれば ほらぼくらは今日も側にいるんだとR
ずっと ずっと 君を待っていた待ち合わせの雪降る街角 そっと笑って 自転車押しながら帰る時間も忘れたあの日 今でも君は僕を覚えてるの? 初雪の日逢いたい想いが降り積もっては僕の心をまだ 暖めている 時に埋もれた 二人だけの約束 初雪の日逢いたいよ もう一度どんなに待っても 君は来ないけれど ずっと ねぇずっと 一緒にいようって手をつないで歩いたあの日
Tell me why… 悲しすぎるよシラナイフリ見つめるほど君にとっての笑い話も 僕には愛だから 目が覚めるようなキスをくれたらとけない魔法でもいいのに Yes,I know… 朝が来るたび消え去ってく長い夢を思い出して駆けだす場所が この僕じゃなくても 寝不足のまま 独り待っていた時間さえもう愛しくて 未来のなかに今も君が浮かんでいる醒めない夢なら ねぇもうもう魅せないで。。。 Goo
受話器を置いて見てた 夜空のいちばん星やっぱり眠らずに 朝も待たずにこのまま急に会いに行こう 『愛してる』ってつぶやいた 君とディナーを食べようお洒落なスーツでダンス…はちょっと違うかな?仕事も終わってないけど I am Flying! Flying away to you“サランヘヨ”をもっと聴かせたい 君へとAnd I am Dreaming! もう浮かぶんだ溶けそうなsmile震えた手をギュッと抱き
乱れた髪を もう とかしても ほどけない滲んだ瞳 ただ ぼやけてしまうばかり 目を閉じ 僕だけみてる 心と心でやわらかな安らぎ 疲れた肩を抱きよせる 赤い海の果てまで 最後の日まで世界が変わっても この愛 君と永遠(とわ)に 無力な僕は もう 何も感じられなくて塞いだ口は 話す言葉さえ忘れて その声 幸福の音 じっとただ聞いてるよきれいな微笑み 乾いた胸に満ちるように 赤い海の果てまで 最後の日まで世界が変わ
あなたの名前を あと何度呼べるでしょうあなたをこの手に あと何度抱けるでしょう 天使のようなあなたはいつも 私のすべてだった 私がいなくなっても 笑顔を失くさないで遠くに離れてしまっても あなたの幸せを祈っている あなたに厳しく あと何を叱れるでしょうあなたと楽しく あと何が話せるでしょう 一秒だって永く側にいて 守ってあげたいけど私がいなくなっても 未来(あした)に迷わないでたとえどんなに辛い時も そう
So deep is the nightNo moon tonightNo friendly starTo guide me with it’s lightBe
静かに ふるえる胸の鼓動落ち着かせては 一人 君へと歩き 窓越しに過ぎゆく季節 遠い君の姿を見つめ言えずにいたことを いま打ち明けよう サランハンダゴ こんなに愛してると聞こえない告白を胸に綴じ込めてきた永遠と感じるほど…今日まで 最後と分かってたのに あの日笑顔のまま 見送った想いあふれるように 粉雪が舞う サランハンダゴ こんなに愛してると聞こえない告白を違う愛で演じても永遠と感じるほど…遠くて ため息は白く溶けて もう 夜空
もう戻ることはない 戻るはずもない“最後だよ”とそっとつぶやく二度と逢えないのなら 本当に忘れたいよあふれでる思いのすべてを 笑いたい時は いつも僕を泣かせてしまうからそして僕の心が動かなくなる逢いたいと思うたび 僕はボロボロに傷つく忘れよう 忘れたい 忘れられない 二度と逢えないのなら 本当に忘れたいよあふれでる思いのすべてを 笑いたい時は いつも僕を泣かせてしまうからそして僕の心が動かなくなる逢いた
静かに恋をして誰にも知れないようにつぼみが落ちないように静かに恋をして 密かに夢をみて誰にも見えないように小鳥が逃げないように密かに夢をみて 青い空が白い雲と仲よく揺れるように広い海を楚々とよぎる小さな小舟のように ゆるやかに生きていてすべてを包み込むように朝もやに陽が射すようにゆるやかに生きていて 寒い夜も淋しい朝もさりげなく居られるように遠い陽射しが白い雪をほのかに溶かすように 青い空が白い雲と仲よく揺
最後にふれたやさしいてのひらあの日の街はもうこことは違う 過ぎてゆく時がすべてを変えるけど渇いた道に僕だけがまだいる 思い出しかない今だとしても心はふたりのぬくもりを忘れない さよならの意味をひとりで探してるあんなに君を抱きしめていたのに 悲しみがいつか時を止めても心は確かに幸せも覚えてる どんな涙もどんな苦しみもこんなに愛おしいまま 思い出しかない今だとしても心はふたりのほほえみを忘れない 悲しみにいつか夢が
街ゆく人影は 夕暮れに吸いこまれベンチで肩寄せあってる 恋人たちを見てる遠くに光る星が 僕をずっと見てるように夜の灯り淋しく にじんでいたあの日 僕に何が足りなくて何があればよかったのかもう少しだけ あと少しだけ北風が 僕を叩いて舞い散る この落ち葉たちが今でも 僕を なぐさめる 愛されることより 愛したいといわれた夏のまぶしさより君は 静かな冬が好きとたじろぎもしないで 君は そばにいてくれたよそ
たったひとつの空いまもどこかで 雨が降る誰も雲の切れ間を見つけられないままさ 凍えてる手 握りしめもしも明日が 変わるなら決して 消えない笑顔取り戻して欲しい まだ愛はある そう諦めちゃいけない夢はかならず積み重ねれば架け橋になるだろう ただ言葉が 違うだけ同じ思いに 気づいてるそこがどこであろうと時は前に行くよ wow まだ愛はある さぁ抱きしめればいいいのちはいつも繋がりながらときめきを知るだろう まだ愛
少しおやすみ すべてを閉じて優しい雨音に 花のしらべ 身をゆだねて 悲しい過去もあやまちも いらないよ もういいよ空となれ 生まれたての愛で 僕らの明日色付けて消えそうな声でも 捨てられない願いはいま 動いた my love 深いみどりが また色を変え優しい足音に 風のしらべ きっと会えるよね 僕はちゃんと愛せてた? よどみなく やらわかく真っすぐと 聞こえるように言って 僕の影で泣かないで君だけの涙じゃもう無
キミの側には自由と味方があって砂の時計は…はじまる 少し満たされた 通り雨の街角は古ぼけた匂い キミの笑顔時間(とき)は操れない 愚かな心はもう夢を語ってもウソに染まりそうで…キミを責めてしまった Maybe キミに会えるとこのままでずっとずっと繋ぐこの手は宝物 期待してもいい 世界中の誰もが羨むくらい キミは笑顔時間(とき)を巻き戻して 教えてあげたいよたったひとり キミの味方でいなさい簡単なことなのに
やすらぐ場所は 僕(ここ)じゃなかった君は何かを見つけ出していた 未来 ひとりになったけれど寂しくはない面影に黄昏れるけれど まだ僕はここにいる君がいたこの場所にあの日のように 変わらずにその扉は… Say good-bye 今もあの丘 時々行くよもっとたくさんの思い出があれば… 変わったかな 新しいものよりも たったひとつのもの 大切にするの って笑った あの笑顔に会いたい君がいたこの場所で足りないものが溢れて
ほどけた服の音になにも言わないまなざし自惚れてる肌を指先が誘う 髪をほどきながら声を抑える唇誰も見てはいない深いところを知りたい LaLaLa…ただ君を思えば せつなくLaLaLa…時はいつも儚い幻 好きになればそれで止める術などないのに人は誰でも ふいに愛の言葉に溺れて LaLaLa…ただ君を思えば 哀しくLaLaLa…時はいつも儚い戯れ 君はなにが いま二人のためにできるの LaLaLa…ただ君を思えば せ
When I was young, people would tell me ‘You’re verykind and good at dance’They
Sunlight静かな窓辺あの日と同じ時をくりかえす Sunlight覚めてるはずの夢なのにまだ僕の影がない ふたりの記憶が心を止めて幸せを閉じ込めようとする ほんとの光は君だったのにひとりでこの部屋にはいられやしない NoSunlight Sunlightなぜ悲しみに寄り添うように碧く 降り注ぐ 瞳を閉じればあたたかい日々微笑みはいまでも変わらない 明日の光が残っているならもう少し感じていたい君にふれて OhS
My memory 君を忘れられない目を閉じれば 些細な日々が輝く You’re far away もう届かない愛してるとも 待っているとも 言えないままに 待ち続けた 星に願い 再び出会う 今日という奇跡を やっと言えるよ「今でも愛してる」とI wanna love you forever 間に合うなら僕とこのまま 永遠に… どれだけ 時が流れて どんなに 遠く離れていても愛は消えず 抱きしめたい もっと
さよならはいつでも愛と同じだけある泣かないで きっと気付くのが遅すぎたふたり もすこしだけそばにいてせめて憶えていたいどんなときも 深く愛してたかけがえない君を 誓って 幸せになることを最後に約束して長い時間 僕の為に苦しんだぶんだけ どうか何も言わないで痛いほどわかってる愛してるよ だから微笑んでいま背中を送る 誓って 幸せになることを最後に約束して長い時間 君の時計を止めてきたね 許して 何度めぐり逢え