ガキながら夢見て宝夢で終わらすかと身に付け力がむしゃらに過ぎ去ったあの頃思い出すことさえ マジでそれほど辛い毎日 送る限り近付くと信じ続けた夢への一歩汗と涙にまみれた放課後今があるのはあの時の過去忘れる事出来ね~ここまでやるからには諦めね~泣くか笑うか選択はもち成功待ったは無しで続けるが上等何も分からず そう 街の天辺勝つまで続くぞ「さぁ」もういっぺん誰にも負けね~喧嘩とやる気荒れくれた俺たちの若