夜の街を見下ろして君が力なく笑った彼のことを本当に好きだったんだね 今にも泣き出しそうな君の肩を抱き寄せるそんな勇気あったならこんなにも もどかしくならない そばにいるのに 隣りにいるのに誰より君を大事に思ってるこの手伸ばせば すぐに届くのに君が欲しいのは僕の温もりじゃない 安心して話せると出会った頃から言ってた同じ言葉 聞くたびに君がまた 綺麗になっていくよ 好きになるのに理由なんてないこんな苦しい恋と
このままもう離さないでいて絡めた 指も ほどかず明日はもう来なくていいから潜めた想い燃やして 愛しさのそばで傷つける人たち居る事すら忘れてしまう終わりのない夜は 深く愛し合った互いの心にもう誰の声も届くはずない このままもう離さないでいて絡めた 指も ほどかず明日はもう来なくていいから潜めた想い燃やして 人混みの中を絶え間なく想いが交差してはまた消えてゆくありふれた日常 誰を恨めばいい答えは見えない愛はこん
One Love秋桜咲く切ない季節僕は君に恋した Two Loveキラキラ何度も歩いたけやき坂イルミネーション 桜舞う春はロゼワインで乾杯そしていちばん好きな風吹く熱い口づけ交わそう 君と出会い 君と過ごす 最初の夏どんなプランにしよう君の水着姿 早く見たいとりあえず湘南へGO!! My Love甘いにおい 潮風吹く心も身体も 溶けていく Your Love感じる 君と夏よこれから始まる Story 日差しで暑くなって
離さない そう誓った 君を残しひとり都会(まち)へ離れてた距離は同じ空見上げ 君を感じていた それでもやっぱり寂しさ募り考えなくていいこと 考えちゃう 会いたい、いま 手を握りたいだけ 細くて小さな君の手を包み込んで 幸せな時間は いつも瞬く間に過ぎていく 会いたい… 久々の出会いのカフェも あの時と変わらぬまま「元気だったの」何気ない一言が嬉しくて切なくて 1年経っても 慣れない距離に何度も君は涙流した
見慣れてた景色がいつもと違って見える今日は 二人だけの時間やけに距離が ぎこちなくて My love 鮮やかに今 生まれた光two heart 願いが届いた going going このまま babydreamin’ dreamin’ 描いて行こう たしかに伝える be mindこの想い song for you 徐々に君を知るよ意外とおちゃめなわがままやさん 知れば知るほどもっと僕の脳が支配される One
柔らかな風が吹いた 桜舞う何気ない日々に 光が差し込む 艶のある長い髪 揺れ動く時が止まったように 君に釘付け 変わり始めるくだらない every day意味のある毎日にしてくれた You & I 僕にとって 君はVenus いつもどんな時も何度も心奪われたさ 笑顔に永遠に君はVenus ありのままでいいんだねネガティブな感情から 僕を変えてくれた 誰か想うことなんて しなかったクラスで目立つ訳でもなく 
遠い昔に咲いてた花をはぐくんできたその種をずっと絶やさないように いつごろからだろう人と人は離れ哀しみ絶えぬ日々僕らはどこへ向かっているの 誰もが同じ空を見て手を取り合い 愛を感じて生まれた環境は違うけど信じよう Lo ve Forever どんな小さなことでもいい目の前にあることを見つめてそれが世界をまわりまわって向日葵のような笑顔をつくってゆく 伝えられること限られてるけど大切な人に 愛を伝えようそれが未来
負けないで 負けないから目を閉じればいつも みんないる あの頃の日々を覚えてるかな気づけばいつも一緒だったよな変化も望めぬ明日に今にも逃げ出しそうだった頃 明日も同じ場所同じ時間に僕はきっとここにいる何時も同じ場所同じ時間に僕はきっとここにいる 踏み出す一歩、二歩、三歩その度に扉は開くきっとできると信じ 進む一途(いっと)壁にぶつかり へこむ一方 それでも僕は歩く仲間にもらった力に気づく叶うと信じた夢を託
花咲く頃 叶えたいふたりの 夢が始まる希望と不安に 胸がつぶれそう 窓の外の流れゆく景色 いつ会えるだろう夢叶うまで歌う もう少しでエアポート 好きだった ずっと好きだった嫌いになる理由なんてない会いたいよ 今すぐ会いたいけどそれぞれの道を選んだの 君との日々 写真フォルダ見ては なぜか泣きたくなるメールを消すように 思い出は消せない 最後に会った 雨の夜は きっと忘れないねふたりで泣きながら 笑いながら