終わらない問いかけと迷図乾いた空なぞる指は惑う風が舞う 記憶の谷間によぎる人影は似たような黒い笑顔醒めた嘘 壊れそう繋ぐ言葉揺らいだ lose your wayそこからしかfeel your way答えもないphantom pain道順は裏がえしlose your wayそこからしかgrope your wayたどり着けない街phantom pain痛みは何時か見たはずの希望 アスファルトと理屈のノイズ焦りは足元の矛盾うたう