とんでもなくSWINGIN’とんでもなくCRAZYとんでもなくHAPPYそんな夜がもう毎晩始まってるんだぜ俺とお前の間に壁なんて全く見えねぇし見えない壁なんてもんは最初から無いのさ 俺の気分はそん時そん時でコロコロ変わっちまうからささっきまでぶっこわしてたと思ったら今じゃヘラヘラ笑ってんのさ俺のハートに直線なんてもんは初めから無いしねましてや何が正しいかなんて知りたくもねぇぜLOVIN&
オンドリの白い羽を一枚一枚引っこぬいてひとつひとつに言葉を書いてフーッと吹いたんだ見たことのない神だとか 太陽 オリオン座のひとつとか理想の東京 ガールフレンドの名前 お兄ちゃんの似顔絵昨日見た夢の一場面 たまにうちの猫の絵を描いてたりしてたな羽が全部無くなったら次は爪や皮さそのあとは筋肉とか内臓 すげー長い腸 CHO CHO 僕の目の前の屋上にヨーロッパのヨロイカブトみたいな8本のアンテナがあってそれは一体空から
JETヘル・ベイビー ヘそ出して ヘビー ドリンクブラウン ロング・ヘアー なびかせてウインク なんにでも甘酸っぱい レモン・フレイバー俺のタンクもスマイルで錆びちまった はがれ落ちた その後に残ってたハガネは太陽をはね返す 青いダーク・サイド ピース・マーク FUCK OFF レモン・クレイジーレモン・クレイジー I YOU
手の平からこぼれた月明かり流れ出す ナイアガラあふれる水の泡には きっとそれぞれ行きたい場所があるんだろう ダイヤモンド・ピアスをベロの上 転がしてささやいた 世界のはしっこは ここだって 砂漠から来た風に吹かれてたらパラボラが刺さってた僕から出る血は なぜかいちご味NASAにだって わからない ダイヤモンド・ピアスをベロの上 転がしてささやいた 見えるだろ 青いバラ咲いたのが ダイヤモンド・ピアスをベロの上 転がしてささやい
二人は恋人 名前を知らない明け方始発で この街を出て行くって窓から朝日が 差し込んで二人を照らしたくるまるコートには ビスケットのかけら 青すぎる あの牧場に行くつもりだったけれどこの列車は そこまでは着かないんだってその時は 知らなかったおまわり達が そこら中に 二人は恋人 名前を知らない
ブルーに染めた犬とソファねそべりビョークはきっとビョーキだわってくだらない駄洒落を言って大あくびしている好きなくせに何か一言言いたがる ありったけのキャンドルに火をつけて目を見開いてグレタ・ガルボのファッションに釘付け近くには冷えきったクラムチャウダーの皿がニンジンだけ残してシルバーのスプーンくすんでる とんがったロックを聞かせてあたしを夢中にさせて 黒いハイヒールかかとには盗んだダイヤ埋めこんでコンク
ハンドルは私が握っているから行きたい場所を言ってよね ねぇダーリンここにはいられないからメリケン・ブルーの先まで連れていってくれないか お願いだベイビーどこにあんの? まっさらなとこ どこにあんの?ママー! あの娘と二人で 眠ってた車が激突して火を吹いた それでも格闘技をまともに見ることは出来ないのさ雨やどりしている 蝶々みたいに どこにあんの? まっさらなとこ どこにあんの?ママー! ぶっ放したピストルは 誰も殺さない流
デボラの家に行って やろうぜ動物パーティー始まるぜカミナリ・ショー 踊るよパンサー・ビキニ デボラはここら辺から 南へ200マイルポリネシアンヒルの真ん中ぐらいに住んで猿が2匹 黒猫 七色オウムハッピーと歌口ずさみながら 毎日過ごしている 悲しいことがあると 大抵向かってるのさモスグリーン・オープン・カー それが目印だったデボラの家に行ってやろうぜ 動物パーティー始まるぜカミナリ・ショー 踊るよパンサー・ビキニ ある日の朝
通り過ぎていった 流れて消えた俺はそんなただの 瞬間の景色 緑に光るトンネルを走ってるずい分長い間 非常口はどこ?永遠なのは ハートに刻むメロウチューリップとそれ以外は無くなってもかまわないSTORM LONG NIGHTSTORM LONG NIGHT サイレンの鳴らない日はなくて俺はハゲチョビンが14才とATMの前でキスしてるのを モノクロで見てるコガネムシはひっくり返って起きあがれない STORM LONG NIGHT
チョコレート キャラメル そんなもんはもういらないねだって俺は もともと スウィートすぎるからなんだかムチャクチャかみつきたい すげーそんな気分スウィート・ジミ 俺にはもう何も聞こえてはないのさ 週末だけの殺し屋だから 平日はヒマだよ昼間は公園で木を眺めて 夜はあの子とパンクは純粋な心だって そんな話をするスウィート・ジミ 俺にはもう何も言うことはないんだ 「吸血鬼がこの街に来てるってワクワクすんね」目だけが光るグレイ・
それは全てが見渡せる 広い沼の底だったのさキャンドル・メイカーは電気のせいで仕事を失くしたそう思っていたんだけど どうやら違うみたいだ はりつけになった悪魔が言う うすい笑みをこぼしながらそれでも俺は生きるぜ 地獄めぐりの旅を続ける気持ちがあるから チャドお前はどうする チャド! チャド! チャド! チャド! 君がそんなに言うのなら 愛と夢と希望とやらは僕には最初から用はなかったんだね そうだろ?君の言うその言葉 僕には違っ
何もかなえてくれない シリウス鳴いた夜に誰もが夢を見るFINE DAY 夜空は乾いた大地を包み込んで大きなカーブを描く 星の光が濡れて見えるのはずっと昔に起きた出来事を僕に知らせるためだと思ってたシリウスお前は鳴きたいだけだろ何もかなえてくれはしない しずく音にかき消されるから雨の降る日は聞こえない車のタイヤ水しぶき踏み込む音だけ 窓に映った散らばるヘッドライトどんな場所だかは聞いてないけどシリウスの真下を目
中世のお城の窓 ピエロの影が見えるフリフリのそでゆらして レッスンに夢中みたい キツネのエリマキ強盗 コンビニの電話の前俺のアタマのレイダーが 奴はCIAだとささやく BABY IT’S ALLRIGHTBABY IT’S ALLRIGHTBABY IT’S ALLRIGHTさよならサリー ジャングル・ビート・ココナッツ タイかどっかそんな感じのリゾート・ホテルのロビー 床の味は最低 BABY
サンタクロースが死んだ朝にダダリオ・カマロがくれたキャンディ・ハイウェイ 甘いマシンガンボーダーラインがにじんで消えた カーブを曲がりたくなかったハンドルから手を放した子守唄がまっぷたつに引き裂かれて雨降らせた 冬の星に生まれたらシャロンみたいになれたかな時々 思うよ 時々ねぇ シャロン月から脱け出す透明な温度だけ欲しいよ それだけ それだけシャロン 地下鉄が唄うメロディー誰も知らないメロディー悲しいから うさぎは死
感電した 蛇みたいに ビニール・ブーツ うたってたSWING SUCK SUCK SUCK SAXOPHONE BABYSUCK SUCK SUCK SAXOPHONE BABYSUCK SUCK
北極ドナルド バタバタ歩いてた溶け出した氷 ヒマラヤ飲み込んだPINKY FREESTYLE 踊ろうぜBABY教会のハモンド ジョーが弾いてるぜ カリブの海では サメが涼し気にヤンキースのCAP ななめにかぶってNEW WAVE くぐったその先にあった未来が今では クッキング・チャイニーズ・フード ディーゼル黒煙 あぶり出しスープルースター食った ガソリンぶっかけて残った小さなドクロをすかして空を見上げた 涙は枯れてた FREE
サーフ・ボード・ラバーズ 泳ぐよクローバークリスタル・ウォーター 波打つクローバー セクシー・タクシー ふかすよクローバーキリキリする お気に入りロザリオが ちぎれちまってストッキングの中で ちっ息しそう ピクチャー・レコーズ 割れたよクローバーもう いらねえや そんな夜にオレンジ双子の仔猫かわいいねクローバー ミルクやろうよ 空飛ぶUFO 乗ってるクローバーアンドロメダ 行ったよクローバー お気に入りロザリオが ちぎれちまってス
黒いエルビスが白い歯を見せてゆっくりと話しかけてきた灰色に濁った目をして「枯れた悲しみ忘れたら?」 ひとりぼっちのクマ 山に帰ったひとりぼっちのクマ 山でもひとりひとりぼっちのクマ 山に帰ったひとりぼっちのクマ 山でもひとり
見えている月にはうさぎは住んでなかったいくつかあるうちのひとつには見覚えがあるような花が 咲いてることもなくはないように見えてた ほんのちょっとだけど でも彼はその花が 呼んでるように見えた行きたいと思ってた あそこには誰もいないはずだったし 音のすき間もないくらい静かな場所だと 思い込んでたから 火星のスコーピオン火星のスコーピオン やわらかなベッドもあったけど彼はエンジのソファで いつも眠っていたおしゃべりニック
冷えすぎたカナダ・トナカイはインディアンの仲間だったらしい黄色がかった粒にひかれてタイヤの無い車に乗ってビーチに向かってた マンドリンを肩にぶらさげてフラミンゴな彼女のことうたう雪の降る国を知らずにレールの無い列車に乗ってビーチに向かってた 浮かれあがった景色がそこにあるはずなんだがちっとも動かねぇのは一体どうしてなんだろう この星にメロディーをあの子にキスを君にロックン・ロールをそれだけで生きてけんの
屋根のはげたジャガー 油性のペンキぶっかけてガムのにおいがする シートに潜り込んだ光りだした青は冬 冷たさはマイナス6僕は胸のペンダント キスをして眠ったペンキのすき間から コーラのビンが降ったベロに生えたシルバーをなめながら思うのは飛行機からは赤がターゲット 青いジャガーは見えない 朱のレンガの街には 帰りたくなかったからずっとかくれていた 息もしどろもどろにそしたらハートが青く光り始めて僕は屋根
大理石のペルシア風呂ホテル・バカンス・ビーチチャラチャラしようぜダイヤモンドなめてさ リー・ヴィトン茶色いトランクファッキン・ベイビー アロハヴォン・ジュールコンニチワチャオ 惑星にエスカレーター行くはずさ 行くはずさ惑星にエスカレーター最後は二人きり あんたクレイジーだって思わないでよねだってこのエスカレーター惑星行きだから ホット・パンツシケインにMELLOW MELLOW 惑星にエスカレーター行くはずさ 
この星の先 水も無いのに満天の虹が かかる場所があるってそこに行くことに さっき決めたんださっき決めたんだ この世の果ては 太陽が2つと月が8つで 造られているってそこに行くことに さっき決めたんださっき決めたんだ あの娘はグリーンの瞳でいつでも待ってるからとかモータープールの4階でキスをしたがってたけどさっき決めたんだ シェリルの星に 雨が降ったよ純度500の 松の葉の匂いだから行くことに さっき決め
コンドルは夜飛ぶって聞いた話さ子供の頃南に月が昇る季節になったら恋人を探しに ミッドナイト・コンドル・ブギー 夜の雲が空母に見える悲しくなるコンドルは飛ぶ恋しい人はビルの向こうの岩だけで出来た森にいる 恋人を探しにミッドナイト・コンドル・ブギー なんだかさぁ つきぬけちまったステンレスだらけ 俺はあまりうれしくないね コンドルは夜飛ぶって聞いた話さ子供の頃南に月が昇る季節になったら恋人を探しに ミッドナイ
グラスホッパー ノーヘルあたりまえじゃんグラスホッパー ノーヘルあたりまえじゃんベイビー君に名前はいらない国はいらないだってベイビー だってベイビー ベイビーはベイビーじゃんクライ・ベイビー グラスホッパー ノーヘルあたりまえじゃんグラスホッパー ノーヘルあたりまえじゃんベイビー君に名前はいらない国はいらないだってベイビー だってベイビー ベイビーはベイビーじゃんクライ・ベイビー クライ・ベイビー
裏切りの果てに燃え上がる愛の形はどんなだろう教えてくれカリプソ・ベイビー 「自由に飛べる羽じゃないの」 「渡り鳥のあんたにはわからないことかもしれないけど卵を生むあたしにはここでカリプソ踊るしかないの」 真冬に咲くハイビスカスはあの娘によく似てる「枯れてゆく気がしないからカリプソ踊るしかないの」 プエルトリカーノ・スキューバ・ハニー海の形はどんなだろう泳ぐ魚は何を思う「自由に飛べる羽じゃないの」 「海を渡る
ジェリー・ラブゼロだけを信じる まつ毛の長いサクスフォンの声が 夜を引き裂いてトリコロールの夢 木っ端微塵の街 ジェリー・ラヴスピードの奴隷が 空気ノイズにひたりシルクのシャツを 脱ぎ捨てているジルバの記憶 木っ端微塵の街 ジェリー・ラヴはあの夏の夜に生きている
空を飛ぶのやめたよ空を飛ぶのはやめたんだ羽は抜け落ちたカーペットは燃えつきた ハロー僕は地球から来た銀河の海は鉄クズの山ハロー僕は地球から来た空中ブランコから落ちて ベイビー空に自由はないよ ソファーベッドにラジオ・カセット車のキーは差しっ放しメッキ・トレイラーが天国ビールの缶で戦車つくれるよ グラム・スターに恋をした彼女は自分探しの旅に出るとか言って消えたのさあいにく俺はどうでもいいし 自由の国とはよく言
二人はここで 宇宙船を見てた夜が太陽を飲みこんでもまだ月が鳥を眠りつかせても二人は逃げるつもりはなかった 聞こえるだろう 星のメロディー落ちてくる 星のメロディー身体ごと 受けとめて落ちてくる 星のメロディー 二人はここで宇宙船を見てた闇が人を埋めつくしてもまだ鹿の群れが撃ち殺されても二人は逃げるつもりはなかった 聞こえるだろう 星のメロディー落ちてくる 星のメロディー身体ごと 受けとめて落ちてゆく 星
光る雲 願い事は冬のマウンテン・モンスター会いたいだけジュエル・ギャル 見とれてた燃えるキャデラック クラクラして泥棒も 居眠りしてる静かな夜 誕生日にブラック・ベリーに ピンクの花見たことある?咲いてたんだ バニラ・アイスを口にしてあの娘は言うのさあなたは私の天使なんだからどこに飛んでったっていいの ポンコツが4台路駐FOR SALEのなぐり書き黒いネックレス つけた女ハイヒールを けとばしてた バニラ