終わりのない歌 – ROGUE

汗だくになって働いても 暮らしはかわらない
無理な背のび 足ぶみ 同じことさ
こんな僕に誰がしたの つぶやいてみても
実際ついてないから しょうがない
暗い夜道 冷たい体 色あせたバッグ
街にうもれた ひとりの男
「明日があるさ 男でしょ」って 女は言うけど
見かけほど 僕は 強くないもの
誰かがすてきな夜を くれても
時計ばかり気になって その時を過ごせない 僕さ
臆病者のハトたちが ガード下で群れをなして
臆病者の僕だけが 雲の下で何かを待つ
終わりのない歌がきこえる 都会の音をもみ消して
悲しくても せつなすぎても
いつかは 雨もやむだろう
背中合わせだった恋も そのうち咲き出して
誰もがうらやむように 実ってく
ただ 今 降ってる 人生の雨やむまで
かさもささず 僕は ずっと待ってる

誰かがすてきな夜を くれても
時計ばかり気になって その時を過ごせない 僕さ
臆病者のハトたちが ガード下で群をなして
臆病者の僕だけが 雲の下で何かを待つ
終わりのない歌がきこえる 都会の音をもみ消して
悲しくても せつなすぎても
いつかは 雨もやむだろう
さびしがりや にわか雨だよ