窓辺に集まる鳥たちの声に目覚める いつもの朝がはじまる やわらかな隙間に光あふれてほのかにミルクの香りがしてるのどこかできこえるメロディーライン愛を奏でるリズムになるの 悲しいニュースが流れた夜にもやさしいいつもの朝は訪れる空に浮かんだ雲のようテーブル上のマグカップは どこかできこえるメロディーライン愛を奏でるリズムになるの さみしさ埋もれてしまいそうな夜もやさしいいつもの朝は訪れる自由を求めて争う人にも