『男はなぁ、勝って何ぼの人生だ!』あ~この血に懸けた 意地と度胸を見せるあ~瞳の奥にある弱さ見せず下手な生き方変えられぬ Woh! リーゼントブルース俺の心 燃え尽きるまで 攻めて攻めて 又、食らい付く俺の体 朽ち果てるまで 生きて生きて 又、立ち上がる俺の心 燃え尽きるまで 攻めて攻めて 又、食らい付く俺の体 朽ち果てるまで 生きて生きて 又、立ち上がる『男はなぁ、背負って何ぼの人生だ!』あ~こ
海辺に雪が揺れる 花びら散ったように波間とうねり変わる時 雲行き乱れる牙を剥いた龍の如く 雷と雨の暴れ打ち弾け飛ぶ心の炎に黒い波押し寄せる いざ!立ち向かえ!!目の前にある Super Wave立ちはだかるは Super Wave風を切って突き抜け激しく唸る Super Wave嵐が呼んだ Super Wave 俺の命燃やし続ける吹雪が山を下る 遠吠え鳴らしながら晒した体倒れ込む 夢見て目覚める睨
[ARIA]わかっていたの ずっと傍にいれないことは…ただ見つめてた背中が今も離れない恋しくて baby…[MIKA]人ごみの中からあの背中探す癖今も直らない 見上げてみる上すでに空は晴れている cool dayI miss you so much baby共に過ごしたあの部屋の君との思い出やデートが everyday繰り返される sweet day だって…今も忘れるはずはない…[RIKI]叶わ
H a a a 言葉残して 遠ざかる人そこには影も差さないH a a a 人の心は、ふらちなもの誰にも見えはしない夢に破れて 力尽きた時冷めた未来を抱きしめ光り輝く星たちよ 見つめ返して降り注げ光り輝く星たちよ 俺を熱く見ろ!H a a a 道ゆく人は 出会いを生み別れも生み出していくH a a a 心のすきま 埋めてく為互いに引き寄せ合う夢に破れて 力尽きた時冷めた未来を抱きしめ燃える太陽ギラギ
夏の風を感じて 海まで飛ばすぜ Lets Go!粋に歌って踊りゃ 皆の心を Get!太陽が降り注ぐ 体を焦がすよに 砂浜も燃えてるぱぁーっと、舞い上がれー波が押し寄せるたび 弾け飛ぶ はしゃぎ声青く広がる空を 埋め尽くす 笑い顔祭り節を唄い続ける 夏だぜ!!夕日赤く染まれば 気持ちが高ぶる Lets Go!太鼓響き渡れば 皆の魂 Get!火柱が突き上がる 夜風に吠えながら 満月も見ているぱぁー
闘いに破れたって 拳握り締めてじっと前を見つめ 決して迷う事なくひたむきに少しずつ 地に足付けながら「自分なりの道を 歩んで行こう!」[AK-69]一人回す Cruzin my street たそがれた道All like you know me? 悪くねぇ夕日悔しさがよぎるて 俺の脳裏こだわりがちさ 敗北か勝利Homie... いつかBallin 勝負にゃ負けても一歩進めるように 初めて見てまっ
女……女心は判らねえ判るには、どうすりゃあいいのか!?それさえも判らねえ……俺って、不器用な男です。Theres a NEW kind of HERO, SEE to BELIEVEfor the 待ってた PEOPLE, click CLICK!!
晴れ渡る空 白く浮かぶ入道雲突き刺す日差し 遮るサングラス掛け穏(おだ)やかな海 僅(わず)かに届く波の音潮の香りと 共に風が乗せて来る懐かしい想い溢れ出す そして心が 満ちていく鳥が飛び立つ タイヤを軋(きし)ませて蜃気楼(しんきろう)を切り裂く光るアスファルト マフラー唸(うな)り上げながら生きてる証(あかし) 紅のバックファイヤー!降りしきる雨 街の汚れ洗い去る傘を差してる 人が白く霞(かす
ミナミに着いたら 陽も暮れとるやろ人ごみに紛れて ひっかけ橋であん時みたいに しけたダボシャツ着てお前待っとるから 急いで来いやワシの話を聞け! 5分だけでもええ貸した銭の事など どうでもええからお前の愛した 道頓堀(とんぼり)の川に悲しみを流して 泣けばええやろ ハッ!ワシのワシのワシの話を聞け!2分だけでもええ お前だけにほんまの事を話すから背中で睨み合う 虎と龍やないがワシの中でワシとワシと
世間の 波に揉まれて 沈み掛ける怒野(どや)され 扱き下ろされて きた生まれた 事の凄さを 感じながら焦らず 地に足着け 這い上がるどんなに 砕け散っても そんな時には いつもバイト 合コン 燥(はしゃ)ぎ疲れた 〆(シメ)は 文無し今日のとこは イカレちまおう こんな夜には 渋谷食って 飲んで 暴れ咲くだけ 俺 魁! ミッドナイト Hey!!!足取り 重く運んで ドアを開ける渇いた 体潤(うるお