さあ 今走り出そう 心通わせてこのまま君と そう 譲れない夢にたがいの距離感じて ためらっていたああ すれ違った日々のせつなさも 勇気にかえよう溢れる光の中 風を追いかけて 信じる未来へ感じてる熱い想い 強く抱きしめて今日からは一人じゃない いつまでもそう ひとごみを抜けて手を振り駆けよる君がまぶしくてああ その笑顔も
こんな僕でも広い空の下 嘘も本音もカッコ悪さもわかってくれる誰かがきっと 僕を待っているよ道行く恋人達が 仲良く手を繋いでるいつでも僕の両手は ジーンズのポケットの中 Lonely streetあんな奴 あの娘には似合わないねとつぶやいてみても やけに胸が痛いこんな僕でも手を伸ばしたら 予定未定のチャンスあるはずそっと心に誓いたてるよ いい人じゃ 終われないこの顔マジに決めて 車のガラス越しに映し
木漏れ陽の中 微笑む君を守りたいと強く思った素直な瞳の他に 何もいらないただ ありのまま愛したい涙も夢も分け合って行こうよ忘れないで欲しい 君はひとりじゃない泣ける夜さえ いつかは明けるから取りもどそう輝きを あの夏のように見えない明日を手さぐりしてる君に今 何を言えるだろうわかりかけて来た やさしさの意味大事なのは 言葉にできないことほほをくすぐる 風にも君を感じて胸に言い聞かせた 僕はひとりじ