残酷な天使のように少年よ 神話になれ 蒼い風がいま胸のドアを叩いても私だけをただ見つめて微笑んでるあなたそっとふれるものもとめることに夢中で運命さえまだ知らないいたいけな瞳 だけどいつか気付くでしょうその背中には遥か未来 めざすための羽根があること 残酷な天使のテーゼ窓辺からやがて飛び立つほとばしる熱いパトスで思い出を裏切るならこの宇宙(そら)を抱いて輝く少年よ 神話になれ ずっと眠ってる私の愛の揺りかご