はじまり – Rhythmic Toy World

唄を歌った キミに歌った
桜色に染まる校庭で
出会い 別れ 進むボクらの
芽吹き出した情熱よ

夢を持てずに明日を見てた
挫折を知って 負け続けていた
立派な夢を語るキミが
眩しく思えた ボクは何してんだ

始まりは些細なこと
褒めてくれたから だから

唄を歌った キミに歌った
少しだけ並べた気がしたよ
キミと二人歩いた日々は
昨日のことのようだ

あれから何年たっただろう?
あいかわらずボクは歌っているよ
心を守るための夢が
まさかこんなにも続くなんて

悔しさに出会う度に
キミの顔浮かぶ だから

唄を歌った キミに歌った
あの日よりも胸を張りながら
ボクとキミを繋ぐ空へ
「ありがとう」込めながら

あの日きっと逃げていたなら
こんな日々に出会えなかった
今も負けて負け続けてる
でも消えない情熱

唄を歌った キミと歌った
桜色 僕ら駆け抜けた
光纏い ふわり 心に
咲き乱れる情熱よ

キミがくれた情熱よ