渇いた心よ いま 激情に燃えあがれもう何度も壊れかけた 希望だけを賭けてひとりじゃない そう ずっと 物語は続いてまだ知らない奇跡のさき すべて創りあげろ 僕らで「変われず、いるのか?」あなたは容赦もなく弱い心に問いかけるのさお前そこで終わるのかと静かなプライドそれは言葉じゃなくてどんな風にも揺らぐことなく走り続けることさこの手を 伸ばし続けてどこまで 届くだろうか叫べ 意志(おもい) 謳え 明日
思い馳せる夜に紛れながら瞼に残った君の残像一瞬で変わる未来 逃さないように精一杯 握った運命の糸僕の知らない君の痛みなら分けておくれ 背負う覚悟はもうあるさ星屑マジック 煌めいて夜空を駆ける流星灯りのように 宿る想いあの星に託して瞬く間に 輝いて消えてしまったとしても何千回 何万回幾度となく願うよ現実にさらされ 立ち尽くしても背中を押すのは君の言葉誰かの為に生きてゆく事も悪くはない そう思えたんだ
Oh yeah… Ill be thereどうして… そんなに悲しい方法でどうして… 何度も同じ過ちを繰り返してCalling your griefどこかに残してる 足あとを辿れば君の涙だって 拭えるかもしれない身体中を巡ってるだろう?罪の意識(暴きたい その謎めき)本当の君 見つけだそう(静めたい その心を)偽りという名の闇に抱かれ(真実が 曲げられても)今ならまだ引き返せる(逃げないで 向き
優しく注いでいる 光を隠すように黒い雲は育って 月を飲み込んだ汚れた手段でしか マウントとれないんだろう可哀想な奴だって笑ってやろうか風に任せて簡単に飛ばせるほどこの身体は動じないとさあ 受けてたとうどんな場所で歌ってても誰かが指差してても情熱と共に輝いてるよEsperanza淀みきった瞳じゃ真実には気付けないたゆまぬ想いよ 大事なひとを導く為のしるべとなれどれくらいの覚悟で いつも立っているかを
笑ってられれば 楽しいはずなのになぜだろう?埋まらないものがある心の隙間に根をおろしたまま育ってゆくよ 急ぎ足でその瞳の先は誰を見ているの?すれ違いのTRUTH それでも見上げるだろう願いを抱いて響けSILVER SKY 泣き出しそうな空を泳いでゆく鳥になって羽ばたいていたいよ今はSILVER SKY あやふやでも手探りだっていい愛する気持ちをずっと 信じ続けたい言葉がなくても わかってくれるとな
世界は目映過ぎて この目は耐えられずDizzy…spark and dark 目蓋を閉じた“いつまで必死のままだ?”答えに心怯えて Unknown… そう誤魔化したそれでも見失えない願いのために飛び込め葛藤傷が癒えるのは待てない昨日の自分は通り過ぎた Dis one.踏み越えて作りだせ また新しい This one.未来から眺めてみたら、そう「今」は希望だAre you Alrght? まだ諦めな