あのね あのね あなたの娘に生まれて 本当に幸せでしたさようならの一言さえも言えないまま いなくなってごめんね驚かせてしまったよね 私もびっくりでまだ信じられてないけど泣いてばっか 泣かせてばっか 親不孝者で情けないけどあのね あのね 短い時間だったけど 本当に楽しかったよいっぱい いっぱい たくさんの愛をもらって 大きくなったよもう誕生日はこないけど 笑って許してね喋り方も 丸い猫背も せっかち
本当の本当を言えないまま100点目指して歩いてる誰にも嫌われたくないから無理矢理自分をごまかしてみるそんな嘘ついても心が死んでくだけどうして自分のこともっと大事にできないんだろ生まれてはじめてここにいていいよって言われた気がした6月の雨怖いけど自信もないけどそういうことにして生きてこう太陽も当たらない地味な日陰気付けば私はそこにいる誰にも見つからないところで静かに居場所を探しているよ誰だってそうで
例えばありふれた声が嫌いなだけちがう ちがう キリがないなぁはじめは好きだった声も今は聴こえないつらい つらい こんなはずじゃない誰のために生まれて誰のために歌ってるんだいつから忘れただろうあんなに好きだったのにキライ キライ あなたが嫌い他人のことばかり考えてるからキライじゃない わかってるけど素直になれない そんな私の歌今こんなに悩んでるのは真剣に向き合ってるから?そんなのも綺麗事だって 追い
今何時だってつぶやけば 虚しく響くヒトリの部屋でうずくまり、叫ぶ心の奥でそんな僕にとっての君は間違いなく手が届かない存在で今日も想像で君を作って真似てみる夜の街灯をスポットライトにしてモノクロの世界に色をくれた君へ曇りのない思いを伝えたくてパッとしない台詞をいくつも並べては儚く間もなく消えていった…最近はどこもかしこも 綺麗すぎるモノばかりだから毒を吐いて汚す世界も自分も理由もなくそうしてるのは時
さしあたって私たちは生きてて欲しいだけ頑張りすぎる君はいつも映画の主人公みたいだね滅私奉公、不屈の精神で息を切らしてる敵を作ってるのは自分自身だ頑張りすぎたら休むのもいいはなればなれなるのは怖くない一生会えないサヨナラが一番怖いからさしあたって私たちは生きてて欲しいだけ最終的な答えなんて誰にもわかるはずないけど自分を殺して探すほどいいもんじゃないって思うのです半径50mの自分の場所は不純物が多すぎ