絶望年表 – ReoNa

健全な体に 健全な心が宿るのなら
不完全なまんまで産まれてきた私の身体は
どんな心を 宿すのだろう

名は体を表すというのが本当だとしたら
勇気ある獣の名前を授かったはずなのにな
どうしてこんなに 臆病なんだろう

パパが私をぶつのは きっと 全部 愛でした
ママが私を見ないのも きっと きっと全部 愛でした
だから私はいつでも 幸せな子どもでした
不幸に気づかないことは 幸せでした

命は愛の結晶です
粗末にしてはいけません
正しく響く祝福の言葉
それなのになんだか苦しいな

違う姿に憧れて 違う姿に着飾るたびに
変われないことに気づいてしまうだけ
ここじゃない場所を探して ここじゃないどこか覗くたびに
どこにもいけないことに気づくだけ

放り捨てられたランドセルと散らばった教科書
私も飛び降りたら あんな風にバラバラになるのかな
大切なものは 入ってないし

学校は嫌い だけど好きな場所があるわけじゃない
お家の中は嫌い 名前のないどこかの誰かに
なりたかった なりたかった

友だちも少しできたよ そうじゃない人も増えたよ
好きな人は少ないよ ほとんど他は嫌いだよ
優しい人は多いよ だけどみんな嘘をついてるよ
私が嫌いな私だけ変わらないまま

悪いことばかり覚えて
手首切るのにさえ飽きて
それでも動く心臓は不思議だ
誰も頼んだりなんかしないのに

違う姿に憧れて 違う姿に着飾るたびに
変われないことに気づいてしまうだけ
ここじゃない場所を探して ここじゃないどこか覗くたびに
どこにもいけないことに気づくだけ

ただ普通でいたくて
当たり前でいたくて
欲しい物なんてなくて
したいことだってなくて

叶わないこの願いの
虚しいこの気持ちの
そばにいつでもあった
旋律と言葉があった

甘く囁くように
激しく喚くように
何も救われなくても
ただそこにあった

もしも許されるのなら
もしも許されるのなら

名もなき同士寄り添って
眠りについたカタコンベ
静かに響くレクイエムのような
優しい歌を歌いたい

違う姿に憧れて 違う姿に着飾るたびに
変わらないものに気づいてきたんだよ
誰かの傷を癒せるとか 誰かの闇を払えるとか
大それたことなんて言わないよ
痛みが少し治まるまで 暗闇に少し慣れるまで
それまで そばにいられるぐらいでいいよ