un, deux, trois – Reol

量り売り日常ストリップ
誰かの娯楽 手の鳴る方へ行く
見切り品 頻りに
やめるための理由を探している

こんな生活が何になる 逢いたい人に逢えずに
元号も移ろう 日は鋭く僕を刺すのに変わらぬ風俗

言葉が枯れていく 季節だけが動じず
G線上の向こう 三十と二小節後を考えている
言葉が枯れていく 季節だけが憶えている
芥もニーチェもカールも誰も知らない結末おしえて

三本の針を逆回しして僕の脈が揃うのを待って
あなたの哲学に解かれたい 浮遊する斜陽ごとください
この星の自転に合わせて
不慣れなアン・ドゥ・トロワ見逃して
あなたの哲学に抱かれたい 今公転する公転する、僕

ふとあなたのことを思い出す
カメラロール辿る指の先で
あの時ああすればこうすればって
君の一番にだってなりたかったよ

拝啓、お元気ですか
そちらは変わりないでしょうか
好き嫌いがどうにも治らなくて
僕は今も変われずいるよ

記憶が剥がれてく 季節の中どうして
G線上の向こう 三億と二光年先で待っていてよ

三本の針を逆回しして僕の脈が揃うのを待って
あなたの哲学に解かれたい 浮遊する斜陽ごとください
この星の自転に合わせて
不慣れなアン・ドゥ・トロワ見逃して
あなたの哲学に抱かれたい 今公転する公転する

きっとこれじゃ満たせない
晒し合う人の様 仮想の淵腰掛けて
簡単に滑り落ちる

[redo]

そのズレは視界にまで及んだ
君の表面張力が
夜を保つことを拒む

[undo]

意味はない、
意味はないのだ、
意味がなくとも

[redo]

定めても定めても導き出せないのだ
あやし方はコペルニクスにも解けずに

三本の針を逆回しして僕の脈が揃うのを待って
あなたの哲学に解かれたい 浮遊する斜陽ごとください
この星の自転に合わせて
不慣れなアン・ドゥ・トロワ見逃して
あなたの哲学に抱かれたい 今公転する公転する、僕

コメントを残す