Q? – Reol

なぜ いまこの手と手握って
たしかめた体温を 懐かしく思うのか
なぜ 五月雨の遊ぶ深淵
微笑んだその視線に 泣きたくなる

その声で僕を呼んでくれ

誰に言えぬこの弱さが
強く立つための軸だと思い知る
違うから愛おしくなる
ただわかりたい 君と僕を

生きるほど傷が増えていく
それでも探している僕らの理由を
重ねては美しくなる
今わかりたい 叫び出したい

I’m here, I’m here

You’ve paid for it.
Try to catch me
Why did it turn out like this?

I’m here, I’m here

溢れるグロウ 分かれ、断つ先に宿るは
縁に、また或いは適宜にと騙し軽んじた僕らに
時は恐ろしいほどにとても静かだ
放棄した意識 罰を受ける様

断絶 同じ色だけ許して
違を詰った昨日でまだ殺めるのか
必然 見えすぎた解像で映し出した
痛みさえ愛と背乗りしては もう君じゃないの

誰に言わぬこの意識は
コンクリートの深くまで秘するのです
違うから愛おしくなる
ただ求めたい この事象を

哀しみすらも金にして
筆を執る姿こそ至高であると、言って

憂いてはゆらゆらと舞う静けさに酔う
椿もやがて落ちる
憂いては罰だけが僕ら責める
白夜をただ歩くよう

生の瞬間から僕らは知っている
最善だけを願ったはずだ
きっとどの過ちも

誰に言えぬその凡てが
知れば知るほどに僕らを青くして
違うこと愛おしくなる
ただわかりたい 君と僕を

生きるほど傷が増えていく
それを上書きするような結び目を
繋いでは美しくなれ
今わかりたい 叫び出したい

コメントを残す